ポエム
新人プログラマ応援

バズワードから眺めるIT業界の流行

IT業界は進歩が恐ろしく速い分、いろいろな技術が流行っては廃れ、廃れたのかと思ったら常識になっていたりします。
ここ数年の流行をバズワードで振り返ってみましょう。

新人プログラマ応援としていますが、自分が振り返りたかっただけなことは秘密です。

前置き:バズワードとは

バズワード(英: buzzword)とは、定義が曖昧でありながら、権威付けする専門用語や人目を引くキャッチフレーズとして、特定の時代や分野の人々の間で通用する言葉のことである。コンピュータの分野で良く使われるが、政治など広い分野で使われる。
wikipediaより

上記の説明でもわかる通り、バズワードというと"キャッチフレーズ"、"目を引くための広告塔"、"流行語"といった意味合いが強く、否定的な意見も多々あります。
しかし、バズワードも何もないところから生まれるわけではなく、注目の技術やトレンドが注目された結果発生するものです。

技術者としては、よくわからずに飛びつくのも問題ですが、「誰かが流行らせているだけだから」と敬遠してしまうのも問題です。
そのワードの実体を理解しつつ、振り回されない程度に技術動向を追ってみましょう。

バズワード・注目ワード・先端テクノロジ

"バズワード"というワード自体、定義が難しい気もしますが、ここではなんだか業界人以外でも聞いたことあるなぁという単語や当時先端技術として将来を有望視されていた技術を取り上げます。

情報元としてはGartnerが発表している「先端テクノロジのハイプ・サイクル」を大いに参考にさせていただきました。

~2010年 Web/クラウドの活発化

  • ユビキタス
  • クラウドコンピューティング
  • XaaS(PaaS/SaaS/IaaSなど)
  • Web2.0
  • ロングテール
  • AR(拡張現実)

なんでもインターネットにつながる"ユビキタス"の考えや見せるだけのWebページから自由な発信やユーザ体験を重視する"Web2.0"などがもてはやされました。
"クラウド"や"XaaS"も出てきています。
"ユビキタス"は"IoT"に通ずるものがあったり、"Web2.0"の考え自体はもはや一般的になっていたりと単語自体は聞かなくなってもしっかりと根付いている印象です。

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2010年

2011~2012年 ソーシャルメディア/モバイルの躍進

  • クラウドソーシング
  • ソーシャルネットワーキング
  • アクティビティストリーム
  • ゲーミフィケーション
  • HTML5
  • BYOD
  • ワイヤレス送電

Facebookを始めとするソーシャルメディアの流行、スマートフォンの流行に伴う用語が多く出てきた印象です。
また"ゲーミフィケーション"などの、顧客にどうに見せるか・獲得するか・継続させるかといった要素も注目されています。"UX"(ユーザエクスペリエンス)などにも繋がっていくのかなと思います。
"BYOD"や"ワイヤレス送電"などモバイル端末活用の流れや、Web開発におけるモバイル端末への意識が強まっている時期かと思います。
"ハイブリッド開発"や"モバイルファースト"の考え方、"レスポンシブWeb"なども出てきます。

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2011年
先進テクノロジのハイプ・サイクル:2012年

2013~2014年 ビッグデータ/仮想アシスタント

  • 3Dプリンティング
  • ウェアラブル
  • 仮想アシスタント
  • コンテンツマーケティング
  • 暗号通貨
  • ビッグデータ
  • データサイエンス

"ビッグデータ"自体は昔からある単語ですが、ハードウェアの進歩から大量データの蓄積や集計が一般化されてきた時代です。それに伴う"データサイエンス"、"データマイニング"などが注目されました。
またビットコインのような"仮想通貨"、モバイル端末からさらに小型化した"ウェアラブル端末"など、21世紀的なものが注目されたという風に思います。

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2013年
先進テクノロジのハイプ・サイクル:2014年

2015~2016年

  • スマート・ロボット/スマートアドバイザ
  • IoT/IoTプラットフォーム
  • ブロックチェーン
  • コグニティブ・エキスパート・アドバイザー
  • 人工知能/機械学習
  • FinTech
  • 自律走行車
  • 自然言語による質疑応答システム

データ活用がさらに高度化され、その適用範囲が増えているのがわかります。
人工知能も"第3次人工知能ブーム"と言われ、その活用範囲が期待されていますが、少し加熱しすぎな様子も見られます。

2016年に入っても、2013年ごろから加熱し始めたIoT関連やデータサイエンス関連が着実に進歩している印象です。このあたりの用語はバズワードとは言われていますが、"一時の流行"で終わるのではなく自然と定着していくことで落ち着いていくのかなと思います。

また、これまでは"IoT"や"人工知能"のように技術自体を表す用語が多かったのに対して、"IoTプラットフォーム"や"質疑応答システム"のようにどのように活用を促進していくかといった応用のフェーズにも差し掛かっている印象です。

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2015年
先進テクノロジのハイプ・サイクル:2016年

過去6年をざっと見ただけでも、いろいろなワードが作られていますし、流行が過ぎ去ったと思ってもその根底にある技術自体は着実に進歩していってる印象でした。

2017年

追記[2017/8/20, 2017/12/30], 再編[2018/09/09]

  • AI everywhere
  • 没入体験
  • サーバレスPaas
  • ブレインコンピュータインタフェース
  • ブロックチェーン
    • ビットコイン
  • 人工知能 / RPA
  • デジタル・ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ポストモダンERP
  • DevOps

大きなトレンドとしては引き続きという感じですね。

AI・人工知能関連、ブロックチェーンなどは相変わらず過度な期待ゾーンではありますが順調に幻滅期を経て一般化されそうな兆しです。
新たにピークを迎えそうなのがサーバレスPaasやブレインコンピュータインタフェースで、より未来的な製品が誕生しそうです。

また、ポストモダンERPやロボティックス・プロセス・オートメーション(RPA)など、AI技術のビジネス応用的な言葉も引き続き見られ、取り組もうとはしているもののなかなか、、、と言った状態でしょうか。
また、DevOpsという言葉が復活(数年前に注目されてましたよね?)しているのも面白く、IT活用の内製化・高速化がますます求められているのかなという印象。

またビットコインやアルトコインが一般にも広まる&金額的にも歴史的な高騰を見せた年でもありました。

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年
日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年

2018年

追記[2018/09/09]

「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2018年」が発表されたのでまとめます。

  • デジタル・ツイン
  • ディープ・ラーニング
  • カーボン・ナノチューブ
  • バイオチップ
  • 仮想アシスタント

年始には仮想通貨が荒れた年でした。BTCが200万を超える高騰、コインチェックでの流出騒ぎやその後の仮想通貨全体の暴落に見舞われましたが、仮想通貨の中核をなすブロックチェーン技術自体は着々と幻滅期に向かっており、活用に向けて進んでいるイメージです。
ディープラーニングがここ数年ずっと過度な期待ゾーンに居続けているというのも面白いですね。ディープラーニング自体の進歩や応用範囲の広がりが速すぎて、幻滅期に行こうとしてもピーク期に戻されて続けているというようなイメージですね。
ARやMRは幻滅期に入り、IoTプラットフォームやデジタルツインが活性化しているようにハードウェア領域も活発な状態ですし、データサイエンスな部分とハードウェアな部分も親和性高く発展(&バスり)してそうです。

まだ年の途中ですが、数年前に「ブロックチェーン」や「ディープラーニング」みたいな単語が出てきたクラスのバズりはまだなく、この数年の技術トレンドが続いているのかなという印象です。

先端テクノロジのハイプサイクル:2018年

おまけと注釈

上記とは少し色合いが違っていたのでいれていませんが、

  • ノマド
  • クラウドファンディング
  • アフィリエイト
  • ステルスマーケティング

などの働き方やお金に関するものも興味深いものがありますね。

※ 今回のワードはわりと独断かつ偏った知識で選んでいます。何か抜けてる部分がありましたご指摘お願いします。