Posted at

情弱なのでHugoをVPSに設置したい

More than 3 years have passed since last update.


Hugoとは

http://gohugo.io/

静的なサイトジェネレータ、だって。

Octopress(技術と意識と目線が高いエンジニアのgithub.io行くとたいていコレですよね)みたいなヤツ。


Githubにホスティングできるのは分かった。私はVPSに置きたいですね。

たいていの記事ではgithubページに置くヤツだった。

ところで私はVPSに置きたいですね。

hugo server?

なにこれ、プロセス作っちゃったよ。

これは違いますね。


結論:hugoコマンドでpublicディレクトリが生成されるので、それをサーバの任意の場所に設置する

hugo new site /path/to/siteで作ったディレクトリの中でhugo -t "任意のテーマ名"で同ディレクトリにpublicが生成される。

このディレクトリを何らかの方法でホスト用のサーバにアップロードして参照できるようにすればOK


日々の投稿ルーチン(情弱スタイル)


  • ローカルで記事を書く(個人的にはAtomが好きです)


  • hugo server -whttp://localhost:1131を目視、記事を校正する

  • ローカルでhugo -t "任意のテーマ名"でhtmlファイルを生成

  • 生成されたpublicディレクトリをscpやらrsyncとかでホスト先にアップロードする

アップロード処理は下記のようなスクリプトにしておくと2mmくらい楽です。


suckscript

#!/bin/bash

# ↓ site-sourceってディレクトリにhugo関連のソースがあるので、そこにcdするようにする
# なので、ここは無視しておkかも
DIR=$(cd $(dirname ${0})/../../site-source && pwd)
cd ${DIR}
echo ${DIR}

#
rsync -avz --delete public/ "ログインユーザ名"@"ホスト先のipとか":"ホスト先サーバで設置したいパス"
// 例: rsync -avz --delete public/ awesome_user@"awesomesite.com":"/var/www/awesome/"


もちろん、私はこちらの情弱スタイルを採用しています。


日々の投稿ルーチン(情強スタイル)

こんなんあるみたい。

http://blog.gopheracademy.com/advent-2014/easy-deployment/

ドッカーwwwwwwwとwebhookを使ってgit pushをトリガーにデプロイしてくれるヤツ。

かっこいいですね。

なので、私は情弱スタイルを採用しています。