LoginSignup
0
1

More than 1 year has passed since last update.

iRICで標高タイル(基盤地図情報数値標高モデル)をインポートできない場合の対処法

Posted at

基盤地図情報数値標高モデルがインポートできない?

6月中旬ごろから、「iRICで地理情報をインポートできない」という方を見かけています。
かくいう私もそのうちの一人でした。

症状

インポートが出来なかった際の状況は以下のようになっていました。

  1. 範囲、ズームレベルを選択。
  2. ソースを「国土地理院 標高タイル(基盤地図情報数値標高モデル ○○)」を選択してOKをクリック。
  3. 「お待ちください」と表示され、オブジェクトブラウザーに「点群データ1」が追加される。
  4. プログレスバーが100%に達してダイアログが消えると、オブジェクトブラウザーの「点群データ1」が消えてプリプロセッサーウィンドウにも点群は表示されない。

image.gif

原因

原因はデータソースの「国土地理院 標高タイル(基盤地図情報数値標高モデル ○○)」を取得する際に設定しているURLが『 http:// cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/○○/{z}/{x}/{y}.txt』となっているためと考えられます。

2023年6月15日に地理院地図サイト・地理院タイルへのhttpアクセスをhttpsにリダイレクトする設定が行われたらしく、時期的にもこの変更によってiRIC上でURLが http:// になっているとインポートできなくなったと思われます。

対処法

対処法としては http:// https:// に修正することです。

ただし、iRICのバージョンが古いと https:// からのデータダウンロードが出来ない不具合があったのでiRICを最新の状態にアップデートしてから https:// に変更することをオススメします。

また、背景画像の国土地理院(○○)もURLが『 http:// cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/○○/{z}/{x}/{y}.png 』になっているかもしれないので一緒に設定しておきます。

2023年7月18日現在、背景地図はhttp:// でも読み込めていますが、念のためhttps:// に変更しておくことをオススメします。

iRICのアップデート

まずはiRICのアップデートを行い最新のバージョンにします。
やりかたはこちらの記事を参考にしてください。

データ取得URLの修正

iRICを最新のバージョンに出来たらデータ取得のURLの設定をhttps:// に修正します。

手順

iRICを起動します。計算するわけではないのでスタートページは閉じます。
image.png

スタートページを閉じたらツールバーのオプション-->設定から設定ウィンドウを開きます。
image_2.gif

設定ウィンドウのweb標高データタブを開いてデフォルトに戻すを押します。
image.png

同様に背景画像(インターネット)タブを開いてデフォルトに戻すを押し、OKを押します。
image.png

以上です。

最新版のiRICではデフォルトの設定がhttps:// になっているので、国土地理院のデータは全てhttps:// に変更されていると思います。

デフォルトに戻すを押すとユーザーが独自に設定していた設定もデフォルトに戻ってしまいます。(独自に追加していた項目も消えてしまいます。)

デフォルトに戻すを使用したくない場合は国土地理院の提供しているデータを選択し、編集からURLの設定画面を開きhttps:// に手動で更新してください。

0
1
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0
1