Mac
Node.js
anyenv
ndenv

Mac に ndenv で Node.js をインストール


概要

先日の投稿で、Mac に anyenv を入れ、その anyenv で ndenv をインストールしました。次は、ndenv で Node.js をインストールします。

Mac に anyenv をインストール

Mac に anyenv で ndenv をインストール


Node.js のリストを表示

まず、ターミナルを開いて、以下のコマンドを実行し、ndenv でインストール可能な Node.js のリストを表示します。

% ndenv install -l


Node.js のインストール

ここでは、最新ではなく、ちょっと前のバージョンをインストールしてみます。

% ndenv install v9.11.1

% ndenv rehash

インストール後の rehash をしておきましょう。私はよく忘れるのですが、これを忘れると Node.js が稼働しません。


確認

以下のコマンドを実行してバージョンを確認します。

% node -v

次のように表示されれば OK です。

v9.11.1


グローバル設定

今入れた v9.11.1 を Mac で使うデフォルトの Node.js にしてみます。

% ndenv global v9.11.1


別のバージョンをインストールする

次に別のバージョンをインストールして複数バージョンの管理をしてみます。とりあえず、今回は、 v11.7.0 をインストールしてみます。

% ndenv install v11.7.0


複数バージョンの確認

以下のコマンドを実行します。

% ndenv versions

以下のように表示され、デフォルトとして設定した v9.11.1 には、アスタリスクがついています。

  v11.7.0

* v9.11.1 (set by /Users/XXXXX/.anyenv/envs/ndenv/version)


ローカル設定

ここでは、特定のディレクトリのみ v11.7.0 を使うローカル設定を行います。temp というディレクトリを作成し、そこに設定してみます。

% mkdir temp && cd $_

% ndenv local v11.7.0

うまくいったかどうかバージョンを確認してみます。

% node -v

以下のように表示されれば、複数バージョンを同一 Mac 内で管理することが可能になったということです。

v11.7.0

以上です。