Mac
RaspberryPi

Mac で Raspberry Pi 用のディスクをフォーマット(ディスクユーティリティー編)


概要

Mac に標準装備されているディスクユーティリティーというアプリケーションを使って、Raspberry Pi で使用するための、microSD カードをフォーマットしてみます。


ホスト


Mac


フォーマット

ディスクユーティリティーを起動します。

20190206_ディスクユーティリティー01_アイコン01.png

次の順にマウスオーバーしていき「消去」をクリックします。

外部 -> 該当する microSD カードのラベル名 -> 右クリック -> 消去

20190206_ディスクユーティリティー02_外部01.png

適当なラベル名を記入し(ここでは RPI )、「セキュリティオプション」ボタンをクリックします。

20190206_ディスクユーティリティー03_セキュリティーオプション01.png

プルダウンから「 MS-DOS ( FAT ) 」を選択します。FAT32 を選択したいところですが、グレーになっていて選択できませんので、FAT を選択します。フォーマット後に、ディスクの情報を見てみると、FAT32 になっているので、FAT を選択しても問題ありません。ディスクユーティリティのバグのような気がします、たぶん。。。

20190206_ディスクユーティリティー04_MS-DOS01.png

そして、「消去」ボタンをクリックして、しばらく待ちます。

20190206_ディスクユーティリティー05_消去01.png

次のダイアログが表示されたら「完了」ボタンをクリックします。

20190206_ディスクユーティリティー06_完了01.png

これで作業は終了です。


以上です。