Help us understand the problem. What is going on with this article?

フロントエンドエンジニアの価値を高めるBaaS(vte.cx)

More than 1 year has passed since last update.

フロントエンドエンジニアの皆さん、こんにちは。

フロントエンドの開発って楽しいですよね?
サーバサイドの開発はできるならやりたくない。そう思いますよね?

今日は、そんな方にうってつけなBaaSを紹介したいと思います。

フロントエンドエンジニアのためのBaaS、vte.cx

サーバの導入・設定、テーブルの設計、O/Rマッピング等の構築などなど、サーバサイドはとにかくやることがいっぱいで大変です。

このようなサーバサイドの作業を一切なくして、HTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンドコーディングだけでWebシステムを作れないものでしょうか?

そうすれば、フロントエンジニアだけでWeb開発できるようになり、開発者はUI/UXなどクリエイティビティな作業に集中できるようになります。

というわけで、私たちはサーバサイドのAPIもフロントエンジニアが自由に作れるようなBaaSをリリースしました。

それが、vte.cxです。

vte.cxの特長

vte.cxは、これまでありがちな「バックエンドAPIを提供することだけに特化している」BaaSではなく、「バックエンドAPIもフロントエンドエンジニアが実装する」という新しい概念で設計されています。
つまり、「バックエンドAPIを提供する」ための基盤を提供するのがvte.cxの役目で、あるのはRESTの規約だけです。
BaaSが提供するWebAPIやクライアントライブラリに縛られない、極めて自由度が高いのがvte.cxの特長です。

また、独自のAPIやSDKライブラリを提供しないため、JavaScriptのエコシステム(npm等)と極めて親和性が高いものになっています。
vte.cxを使ってもロックインされることはないので、安心して使っていけます。

さらに、サーバサイドJavaScript機能によってビジネスロジックも実装できます。
サーバの導入・設定、テーブルの設計、O/Rマッピング等の構築は一切必要ありません。

vte.cxはパフォーマンスに優れ、実績も豊富です。

ぜひ、以下も合わせて読んでみてください。

qiita advent calendar 2015
qiita advent calendar 2016

それでは。

stakezaki
アイコンに顔が似ているといわれると喜びます
http://blog.virtual-tech.net
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away