Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHub でダミーのメールアドレスを使用する

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

GitHub は Committer の判別にメールアドレス(git config の user.email)を使用しています。ここが自分のメアドでないと、GitHub 上のログに本人のアバターが出ません。

github_invalid_mailaddress_push.jpg

なので自分のメアドを使うんですが、そうすると GitHub に自分のメアドが刻まれちゃうんですよね。これはその気になれば吸い出すことが可能ですし、吸い出す用のツールもあるらしいです。気にしすぎかもしれませんが、ちょっと怖いですね。

出来れば自分のメアドを晒したくない。でもアバターが出ないのはイヤだ。……幸いなことに、そんな場合の対処が用意されています。

noreply アドレスを使う

GitHub 側にて ダミーのメールアドレス(noreply アドレス) がサポートされていますので、これを設定します。

  • GitHub にログイン後、https://github.com/settings/emails を開き「Keep my email address private」を ON にする
    • USERNAME@users.noreply.github.com ← こんなアドレスを使え、と書いてあると思うのでコピーしておきます
    • アカウントによっては ID+USERNAME@users.noreply.github.com かもしれません
  • gitconfig の user.email 設定を、上記のアドレスに変更する
    • 例: git config --global user.email "USERNAME@users.noreply.github.com"

設定できたら、ちゃんと反映されてるか確認しましょう。

  • 適当なリポジトリをつくって Commit と Push を行ってみる
  • (確認1) GitHub 上で当該コミットログを開き、Committer が自分本人だと認識されているか(自分のアバターが表示されているか)を確認する
  • (確認2) clone 先ディレクトリの .git/logs 内を、自分のメアドやダミーメアドで grep してみる
    • 自分のメアドはヒットしないはず
    • ダミーメアドがヒットするはず

おわりに

これで一安心。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away