ソースからインストール,アンインストールのメモ

More than 5 years have passed since last update.


vim7.2をインストールとアンインストールする例


  • 誰もが知っているようなメモです。

  • 権限の有するユーザーで作業を行なって下さい。(sudo)


インストール


install

# 基本的にソースからインストールする場合、 /usr/local/src を使う

cd /usr/local/src
wget wget ftp://ftp.jp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.2.tar.bz2
tar jxvf vim-7.2.tar.bz2
cd ./vim72/
./configure --enable-multibyte --disable-selinux --prefix='/usr/local/vim-7.2'
make
make test
make install
ln
-s /usr/local/vim-7.2/bin/vim /usr/local/bin/vim


アンインストール


uninstall

cd /usr/local/src

cd ./vim72/
make uninstall
cd ../
rm -rf ./vim72/
rm -f vim-7.2.tar.bz2


ソースを消してしまった場合


uninstall2

cd /usr/local/src

wget wget ftp://ftp.jp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.2.tar.bz2
tar jxvf vim-7.2.tar.bz2
cd ./vim72/
./configure --enable-multibyte --disable-selinux --prefix='/usr/local/vim-7.2'
make
make uninstall

間違っていたり、こうした方がいいなどあれば教えて下さい。