EC2
CoreOS
vpc

VPC 内の EC2 上で CoreOS を動かす

More than 3 years have passed since last update.

VPC は既に用意してあるとして書く。


セキュリティグループの作成

CoreOS 用セキュリティグループを作る

VPC_Management_Console.png

etcd で利用するので 4001 と 7001 は同一グループからのアクセスを許可しておく

VPC_Management_Console.png


インスタンスの起動

ここから Channel を選択すると、AWS Management Console が開く

Amazon_EC2.png


cloud-config

Step 3: Configure Instace Details のところで、Advanced Details にて cloud config の設定をする

EC2_Management_Console.png

curl -s https://discovery.etcd.io/new して etcd の token を取得する

#cloud-config

coreos:
etcd:
# generate a new token for each unique cluster from https://discovery.etcd.io/new
discovery: https://discovery.etcd.io/<token>
# multi-region and multi-cloud deployments need to use $public_ipv4
addr: $private_ipv4:4001
peer-addr: $private_ipv4:7001
units:
- name: etcd.service
command: start
- name: fleet.service
command: start

docker の image がストレージ使うので多めにしておくと良い

ssh -i <key> core@XXX.XXX.XXX.XXX


REF