Edited at

「Ansible実践ガイド」出版しました。

More than 1 year has passed since last update.

2016.12.15 この度、Ansible実践ガイドを執筆いたしました。

北山晋吾です。(※誰っ?。。。ですよね。これから頑張ります。

編集者の土屋様を始め、作成に携って頂いたみなさま。この場をお借りして深くお礼申し上げます。

書店で見ていただくのが一番早いのですが、改めてどういった構成なのかを紹介します。

とりあえず紹介だけで、執筆体験記はまた次回にでも。。。


概要



『Ansible実践ガイド』

・ページ数: 352ページ

・出版社: インプレス

・ISBN-10: 4295000469

・ISBN-13: 978-4295000464

・発売日: 2016/12/15

・価格: 3,456円




http://amzn.asia/eOgq5IR


目次

Amazonとかの目次だと、章レベルまでしか紹介されていないので、項レベルまで紹介します。


第1章 Ansibleの概要

1-1 Ansibleを取り巻く環境

1-1-1 ビジネス・アジリティの追求

1-1-2 Infrastructure as Code

1-2 Ansibleとは

1-2-1 Ansibleの特徴

1-2-2 Ansibleを利用する際の注意点

1-2-3 他の構成管理ツールとの比較

1-2-4 Ansibleのユースケース

1-3 まとめ


第2章 Ansibleの基礎

2-1 Ansibleのアーキテクチャ

2-1-1 Ansibleの基本動作

2-1-2 Ansibleの内部コンポーネント

2-2 Ansibleのインストール

2-2-1 インストールの準備

2-2-2 インストールの実施

2-3 Ansibleの動作確認

2-3-1 事前準備

2-3-2 コマンドを実行してみる

2-4 まとめ


第3章 プレイブックとインベントリ

3-1 インベントリの基礎

3-1-1 ホストのグループ化

3-1-2 ホスト変数とグループ変数

3-1-3 インベントリ変数のファイル分割

3-2 プレイブックの基礎

3-2-1 YAMLの基本

3-2-2 プレイブックの構造

3-2-3 変数

3-2-4 特殊なディレクティブ

3-2-5 タスクのグループ化

3-3 Playbookの応用

3-3-1 ロールの概要

3-3-2 プレイブックの活用

3-4 まとめ


第4章 アプリケーションデプロイメント -Orchestration

4-1 Wordpressのデプロイメント

4-1-1 基本構成

4-1-2 OSの基本設定

4-1-3 データーベースの構築

4-1-4 ロードバランサの構築

4-1-5 実行環境の構築

4-1-6 WordPressのデプロイ

4-1-7 接続確認

4-2 WordPressのメンテナンス

4-2-1 スケールアウト

4-2-2 ローリングアップデート

4-3 まとめ


第5章 システムの構成管理 -Configuration Management

5-1 Linuxの構成管理

5-1-1 基本構成

5-1-2 ロケール管理

5-1-3 パッケージ管理

5-1-4 ユーザー管理

5-1-5 ネットワーク管理

5-1-6 リゾルバ管理

5-1-7 時刻管理

5-1-8 タスクの実行と確認

5-2 Windowsの構成管理

5-2-1 WinRMの構成概要

5-2-2 Windows管理の事前準備

5-2-3 Windows管理の実装

5-2-4 タスクの実行と確認

5-3 まとめ


第6章 ブートストラッピング -Bootstrapping

6-1 クラウドAPIの利用

6-1-1 ダイナミックインベントリ

6-2 Dockerの連携

6-2-1 Docker環境におけるAnsibleの利用

6-2-2 Docker環境の事前準備

6-2-3 コンテナのプロビジョニング

6-2-4 コンテナの構成管理

6-3 OpenStackの連携

6-3-1 OpenStack環境におけるAnsibleの利用

6-3-2 OpenStack環境の事前準備

6-3-3 クラウドリソースのプロビジョニング

6-3-4 仮想マシンの構成管理

6-4 まとめ


第7章 Infrastructure as Codeの実践

7-1 Ansibleの徹底活用

7-1-1 プレイブックのベストプラクティス

7-1-2 パフォーマンスチューニング

7-1-3 トラブルシューティング

7-1-4 暗号化

7-2 継続的インテグレーションの実施

7-2-1 コーディング規約の共有

7-2-2 バージョン管理の実施

7-2-3 CIツールとの連携

7-3 まとめ


ターゲット読者

Ansibleの基礎から応用事例に至るまで、実践的な活用手法を網羅」って表紙にも書かれていますが、ある程度実務でも利用できるように、経験を基にポイントを紹介しています。本当に全く触ったことがない人をターゲットというよりは、少しWeb等で学んだ知識や、Ansibleを使い始めた方向けかもしれません。もちろん、Linuxのコマンド操作知識は必須ですよー。

Ansibleは若山さんの『Ansibleの入門』を始め、数多くの良書が出版されており、基礎的な使い方は世の中溢れかえっていますので、こちらも是非合わせて御覧ください。

※ネットや書籍のAnsible関連情報はこちらにまとまっています。

http://qiita.com/t_nakayama0714/items/726130abd079e2d926e0


内容補足

マニュアルではなく、実際に使うときの注意点を意識した内容にしてみました。例えば、Roleとは?という説明よりも、Roleをどのように使えばいいのかなどの紹介が多いです。

また、各章の構成には気を配ったつもりですが。。。

配りすぎて細かくなり過ぎているのは許してください。。。


コードのダウンロード

本書記載のコードDLサイトを展開しました。

ひとまずv1.0で書籍に合わせていますが、テキストの誤植などがあれば、バージョンを上げて修正をかけたいと思います。

https://gitlab.com/shkitayama/ansible_practical_guide/tree/master


お詫びと訂正

見つけたら、ここにもUpしていきます。


著書プレゼント実施中

ただいまHPE教育で以下コースを受講すると、

著書プレゼントのキャンペーンを実施しています。

『Ansible実践入門 -Infrastructure as Codeを理解-』

http://h50146.www5.hpe.com/services/education/whatshot/camp_cloud.html


最後に

是非Amazonレビュー、もしくは直接感想等いただけるとうれしいです。

また、執筆の苦労話などは次回展開します。。。

今後も本に記載しきれなかったネタを、Qiitaでも取り上げていきたいと思います。