oracle
RAC

RAC環境でSID・SERVICE_NAMEを確認

More than 1 year has passed since last update.

内容

RAC環境で、SID・SERVICE_NAMEを確認する方法をメモする。

確認

LinuxのRAC環境で、データベースのSERVICE名は「TEST01」とする。
3ノードRACで、それぞれ「test011」「test012」「test013」のSIDが設定されている。

▼ 今回はtest011で確認を行う。

$ env | grep ORACLE_SID
ORACLE_SID=test011

▼ SQL*Plusでログイン

$ sqlplus / as sysdba

▼ V$DATABASEでSERVICE_NAMEを確認。

SQL> select name from v$database;

NAME
-------
TEST01

▼ V$INSTANCEでSIDを確認

SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
-------------
test011

▼ DEFでもSIDを確認できる。

SQL> def _CONNECT_IDENTIFIER
DEFINE _CONNECT_IDENTIFIER = "test011" (CHAR)

▼ V$THREADで、RACに属するSIDを全て表示

SQL> SELECT INSTANCE FROM V$THREAD

INSTANCE
----------
test011
test012
test013

以上。