Edited at

Windows10上のVS CodeからRaspberry Piにリモート接続


VS CodeのTerminalからRaspberry PiにSSH接続

Windows上のvs CodeのTerminalからRaspberry piにssh接続することにより、Windows上vs codeでRaspberry pi上のファイルを編集することが出来ます。もちろん、単にterminal(windows環境なのでWindows subsystem for linux)からssh接続してVim等のエディタを用いて編集することは可能なのですが、自身はvs CodeのVim拡張の方が使いやすかったので、こちらの方法で編集していました。以下に作業環境のバージョンを示します。

ソフトもしくはハード
バージョン

VS Code
1.28.2

Raspberry pi
Model 3 B+

以下においては、クライアント側(Windows上のVS Code)とサーバ側(Raspberry Pi)の処理に分けて接続方法を説明します。


サーバ側(Raspberry PI)



  • 1. raspi-configにおいてSSH接続を許可する


    • raspi-configはRaspberry piのterminalから以下のコマンドで開けます




$sudo raspi-config



  • 2. 以下のコマンドを実行する


$sudo wget -O /usr/bin/rmate https://raw.github.com/aurora/rmate/master/rmate
$sudo chmod a+x /usr/bin/rmate

以上がサーバ側での設定となります。


クライアント側(Vs Code側)



  • 1. VS Codeを開き、拡張機能で”remote VSCode”を追加する


    • 以下に該当の拡張機能の画像を示します。



1.png



  • 2. VS Codeのファイル>基本設定>設定>Remote VSCodeから, 設定を変更する


    • 変更点を以下の表及び画像に示します。



変更点
変更内容

Remote:Host
127.0.0.1

Remote:Port
52698

Remote:Onstartup
"Launch the server on start up"に チェックを入れる

2.png



  • 3. %USERPROFILE%/.ssh/configに以下を追記して保存する。

Host pi

HostName 192.168.100.103
user "Userの名前"
ForwardAgent yes
RemoteForward 52698 127.0.0.1:52698



  • 4. VS Code上でターミナルを開く


  • 5. 以下のコマンドをでログインする


    • ログインする前にサーバ側のIPアドレスをifconfig等で知っておく必要があります。




$ssh -R 52698:127.0.0.1:52698 pi@"Raspberry PiのIPアドレス"



  • 6. ログイン状態で編集したいファイルに対して以下を実行するとローカルのVS Code上で開かれる


$rmate -p 52698 test.py

以上がクライアント側の設定となります。


参考資料

https://qiita.com/take-iwiw/items/5b20558f8ab3f27ca4a4