Angular-cliのproxy設定

  • 8
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Angular-cliを使っているプロジェクトで、フロントとAPIのローカル開発サーバーを分けていて、フロント側からAPIを呼ぶ場合の設定方法のメモ

  1. proxy設定ファイルを書く
  2. proxy設定ファイルを指定してng serveする

1. proxy設定ファイルを書く

proxy.conf.json
{
  "/api": {
    "target": "http://localhost:8080",
    "secure": false
  }
}

2. proxy設定ファイルを指定してng serveする

package.json
{
  
  "scripts": {
    "start": "ng serve --proxy-config proxy.conf.json"
  },
  
}
$ npm start

参考

Proxy To Backend