PHP
CentOS

PHPアプリのためにCentOS6.2にlibmcryptをインストール

More than 5 years have passed since last update.

VM上の CentOS6.2 に、phpMyAdmin を入れたら、「mcrypt 拡張がありません。PHP の設定をチェックしてみてください。」ってお知らせが出た。

# yum install php-mcrypt

安直にこうしたら、そんなパッケージ無いよ!っておこられた。どうも CentOS のリポジトリには libmcrypt が含まれて無いらしい。

検索でヒットしたのは、libmcrypt は Fedoraが提供してるRHEL用パッケジにあるので、EPEL をリポジトリに追加して、そっからインストールせよ。とのこと。

情報が断片的だったのメモリー。

まず、yum用リポジトリ追加 - Server World にそのものズバリがあります。この[2]を実施。

[root@dlp ~]# wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6

[root@dlp ~]# rpm --import RPM-GPG-KEY-EPEL-6
[root@dlp ~]# rm -f RPM-GPG-KEY-EPEL-6
[root@dlp ~]# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
# 以下の内容で新規作成
[epel]
name=EPEL RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
# 上記リポジトリを使用してインストールする場合は、以下のようにコマンド入力
[root@dlp ~]# yum --enablerepo=epel install [パッケージ名]

libmcrypt をインストール

# yum --enablerepo=epel install libmcrypt

さらに、php-mcrypt をインストール

# yum --enablerepo=epel install php-mcrypt

完了後は、ウェブサーバーを再起動し、phpinfo()で mcrypt が含まれてることを確認。

以上で phpMyAdmin からのお知らせが消えました!