Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu 18.04 LTS にDocker環境をインストールする

More than 1 year has passed since last update.

この記事は、「オンプレミス、Kubernetesで、マイクロサービスを意識したWebアプリをデプロイするまでの軌跡」の一部です。

はじめに

Kubernetesを使うにしても、まずはコンテナソフトウェアであるDockerを入れないと始まりません。
例のごとくUbuntuの上に、Dockerをインストールする手順を紹介します。

Dockerのインストール

Ubuntu公式リポジトリにもDockerはあるのですが、ここでは公式の方法に従ってDocker公式がメンテナンスしているDockerCEをインストールします。

まずはおなじみのこのコマンドから。

$ sudo apt update

前提ソフトウェアのインストールという事で以下のパッケージをインストールするのですが、僕の環境ではすでに入っていました。

$ sudo apt install -y \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    software-properties-common

GPG 公開鍵のインストールして、フィンガープリントを確認します。

$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
$ sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88

pub   4096R/0EBFCD88 2017-02-22
      Key fingerprint = 9DC8 5822 9FC7 DD38 854A  E2D8 8D81 803C 0EBF CD88
uid                  Docker Release (CE deb) <docker@docker.com>
sub   4096R/F273FCD8 2017-02-22

Docker公式のaptリポジトリを設定します。

$ sudo add-apt-repository \
   "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
   $(lsb_release -cs) \
   stable"

そして満を持してDockerCEのインストール。

$ sudo apt update
$ sudo apt install -y docker-ce

これでDockerCEのインストールは完了です。
お疲れ様でした!

httpなプライベートDockerレジストリからイメージを使う場合

デフォルトだと、dockerはhttps通信でコンテナファイルを取得しに行こうとします。
特にオンプレミスでDockerレジストリを構築してイントラのみで運用している場合、SSLの証明書を最近流行りのLet's encryptで取得することが出来ないので、httpのままになっている事が多いと思います。

以下のように設定ファイルを編集する事で、http通信でのコンテナファイル取得が出来るようになります。

$ sudo nano /etc/docker/daemon.json

{ "insecure-registries":["<dockerレジストリのip>:<ポート>"] }

$ sudo service docker restart

僕の環境では/etc/docker/daemon.jsonは存在しなかったので、新たに作る形になりました。

docker-composeのインストール

インストールしたdockerコマンドを直接使ってコンテナを起動しても良いのですが、起動の度にオプションを指定したり、いくつも立ち上げたりするのが面倒な事があります。
docker-composeはdocker-compose.yamlというファイルに設定を書き込み、そのファイルを元にコンテナを起動してくれるアプリケーションです。ファイルになるので後で使いまわす事も、Git等でバージョン管理する事もでき、とても便利です。

Docker本体とは違って、aptを使ってインストールすることが出来ません。
プログラムを直接DLしてパスの通ったところにインストールします。

sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.23.1/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose

直接DLになるので、最新バージョンナンバーは以下で確認して下さい。

https://github.com/docker/compose/releases

DLしたら、実行権限を付与します。

sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

以上です。
お疲れさまでした!

参考

Ubuntuにdockerをインストールする
Get Docker CE for Ubuntu
Install Docker Compose

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away