search
LoginSignup
18

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Sublime Textでcodicパッケージ(翻訳アシスト)が便利

codeicはクラス名やメソッド名をいい感じに翻訳してくれるネーミングツールです。
Sublime TextのパッケージがリリースされSublime内で翻訳ができ便利です。

Codicパッケージ

インストール

codicのパッケージは3つほどあるのですが、シンプルで単語の変換もできる純正プラグインが良いと感じました。

インストールはGithubリポジトリを参考に…

1.

コマンドパレット Ctrl+Shift+P → "Package Control: Add Repository" を選択し、以下のURLを追加。

https://github.com/codic-project/codic-sublime-plugin

2.

コマンドパレット Ctrl+Shift+P → "Package Control: Install Package" を選択し、「codic-sublime-text」を選択し、インストール。

3.

コマンドパレット Ctrl+Shift+P → "Codic: Set Access Token" でAccess tokenを設定。Access tokenは、codicにサインアップ後、APIステータスのページより取得できます。

APIを使うのでサインアップが必要になります。
今後はサイトで、マイ単語データを登録できるようになるようです。

設定

キーバインドを変更

パッケージのキーバインドに⌘+shift+Dが設定されており、行の複製ができなくなりますので、デフォルトキーバインドを奪い返しましょう。

ユーザー.sublime-keymapファイルに、

Default.sublime-keymap
{ "keys": ["任意のキーバインド"], "command": "generate_naming" },
{ "keys": ["super+shift+d"], "command": "duplicate_line" },

で、キーバインドを上書きします。

テキストを選択しキーバインドを実行すると、翻訳候補が出ます。

キャメルケースなどにする

生成されるネーミングのケースの変更 - コマンドパレット → "Codic: Select Letter Case"

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
18