Help us understand the problem. What is going on with this article?

IntelliJの設定を端末間で共有する

More than 3 years have passed since last update.

スクリーンショット 2016-08-09 11.45.46.png

目的

IntelliJを複数台の端末に入れていると、キーマップ等を同期したくなります。
この記事ではSetting Repository(GitHub)プラグインを使って同期する方法を共有します。
(基本的には上記GitHubリポジトリのREADMEを読んでそのまま設定するだけです)
PyCharm/PhpStorm/RubyMine等のJetBrainsの他製品についても同じように設定を共有できると思います(未確認)

【注】Qiita等で例えばこちらの記事のようにConfiguration pluginを使った同期方法が書いてありますが、現在はDeprecatedのようです。

Setting Repositoryのインストール

(製品によっては最初からインストール済の場合もあるようです。ma7ma7pipipiさんよりコメント欄にて教えて頂きました)

[Settings] => [Plugins] => [Browse repositories] => Settings Repositoryで検索

スクリーンショット 2015-12-31 22.33.44.png

インストール後再起動します。

設定

[File] => [Setting Repository]から設定をします。

スクリーンショット 2015-12-31 22.48.16.png

共有用のUpstream URLが要求されます。githubのリポジトリが使えるので、空のリポジトリを用意し、URLを入力します。

スクリーンショット 2015-12-31 22.48.59.png

ここでgithubへのusername/passwordが求められますが、トークンを使ったアクセスが推奨されています。
githubでトークンを発行し、usernameにトークンを入力、passwordは空でOKを押して完了です。
(githubでのトークンの発行の仕方はこちらに書いてあります。[Settings] => [Personal access tokens]から作れます。)
スクリーンショット 2015-12-31 23.05.26.png

これで設定は終わりです。同じ設定を複数台に行うことで同期が出来ます。

同期

同期のタイミングは

  • after successful completion of "Update Project" or "Push" actions,
  • on application exit or project close.

となっています(GitHub: Setting Repositoryより)。

ただ、僕は今のところ他端末の変更(リポジトリ上の変更)がローカルに反映されるためには明示的に[VCS] => [Sync Settings] => [Overwrite Local]してからでないと反映に成功していません。
(変更のレポジトリへの反映には明示的な操作([VCS] => ...)は必要ないようです)

同期がうまくいかないとき...

localのリポジトリの中のkeymapのファイルを直接gitのコマンドで同期させるのも出来ます。
ファイルの場所のこちらの記事にかいてあります。
Macなら Library/Preferences/IntelliJIdeaXXXX/settingsRepository/repository になります。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away