search
LoginSignup
2

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

gulp v3からv4への記述法移行

gulp.jsがv4になり、gulp.taskが非推奨になったとのことで、それを使用しない記述方法をメモも兼ねて記事として残します。

自動化処理について

gulpfile.jsでは以下を自動化しています。

  • ローカルサーバ起動
  • ファイル変更監視してのブラウザ自動リロード
  • Sassファイル -> CSSファイルへの自動コンパイル

v3までの記述方法

const gulp = require('gulp')
const sass = require('gulp-sass')
const browserSync = require('browser-sync')

// ローカルサーバ起動
gulp.task('build-server', function(done) {
  browserSync.init({
    server: {
      baseDir: './'
    }
  })
  done()
})

// ブラウザ自動リロード
gulp.task('browser-reload', function(done) {
  browserSync.reload()
  done()
})

// Sassファイルのコンパイル
gulp.task('sass-compile', function(done) {
  gulp
    .src('sass/*.scss')
    .pipe(
      sass({
        outputStyle: 'expanded'
      })
    )
    .pipe(gulp.dest('css'))
  done()
})

// ファイル監視
gulp.task('watch-files', function() {
  gulp.watch('./*.html', gulp.task('browser-reload'))
  gulp.watch('./sass/*.scss', gulp.series('sass-compile', 'browser-reload'))
})

// タスク実行
gulp.task('default', gulp.series('build-server', 'watch-files'))

v4での記述方法

const { src, dest, watch, series, parallel } = require('gulp')
const sass = require('gulp-sass')
const browserSync = require('browser-sync')

// ローカルサーバ起動
const buildServer = done => {
  browserSync.init({
    server: {
      baseDir: './'
    }
  })
  done()
}

// ブラウザ自動リロード
const browserReload = done => {
  browserSync.reload()
  done()
}

// Sassファイルのコンパイル
const sassCompile = done => {
  src('sass/*.scss')
    .pipe(
      sass({
        outputStyle: 'expanded'
      })
    )
    .pipe(dest('css'))
  done()
}

// ファイル監視
const watchFiles = () => {
  watch('./*.html', browserReload)
  watch('./sass/*.scss', series(sassCompile, browserReload))
}

// タスク実行
exports.default = series(buildServer, watchFiles)

まとめ

gulp.task...gulp.task...が無くなっただけでもだいぶコードの見通しがよくなった気がします。
非推奨ということは将来的に廃止される可能性も考えられるので、はやめにv4流の記述方法に慣れるようにしましょう。

参考リンク

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
2