LoginSignup
1

パーミッション設定の読み方と変更方法(-rw-r--r--)

Posted at

パーミッション設定の読み方と変更方法(-rw-r--r--)

UNIXやLinuxなどのシステムでファイル操作をする際、ファイルの権限設定を理解することは非常に重要です。特に、-rw-r--r--のようなパーミッション表記はよく見かけるものです。この記事では、この表記の意味と、それぞれの権限がどのように機能するのかを初心者にも分かりやすく解説します。

ファイル権限の基礎

  • 所有者:ファイルを作成したユーザー。最も高い権限を持ちます。
  • グループ:特定のグループに属するユーザーたち。
  • その他のユーザー:システムの他の全てのユーザー。

権限の種類

  • 読み込み(r):ファイルの内容を見ることができます。
  • 書き込み(w):ファイルの内容を変更できます。
  • 実行(x):ファイルをプログラムとして実行できます。

パーミッション表記の解読

  • -rw-r--r--の表記は、10文字で構成されています。
  • 最初の1文字はファイルの種類を表します。dはディレクトリ、lはシンボリックリンク、-は通常のファイルを意味します。
  • 次の9文字は、3文字ごとに分割され、所有者、グループ、その他のユーザーの権限を表します。

-rw-r--r--の具体的な意味

  • 所有者権限(rw-):所有者はファイルを読み込み(r)、書き込み(w)ができますが、実行(x)はできません。
  • グループ権限(r--):グループのユーザーはファイルを読み込み(r)のみ可能です。
  • その他のユーザー権限(r--):その他のユーザーも読み込み(r)のみが可能です。

パーミッションの変更方法

システム管理者やファイルの所有者は、chmodコマンドを使ってこれらの権限を変更できます。例えば、所有者に実行権限を追加したい場合は、以下のようなコマンドを使用します:

chmod u+x ファイル名

このコマンドは、所有者(u)に実行(x)権限を追加します。

まとめ

ファイルのパーミッション設定は、システムのセキュリティと効率的なファイル管理のために重要です。-rw-r--r--のような表記は、ファイルに対する異なるユーザーの権限を示しており、この基礎を理解することは、UNIX系システムを扱う上で不可欠です。権限設定を適切に行うことで、ファイルのセキュリティを保ちつつ、必要なユーザーにのみアクセスを許可することができます。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
1