SquashTM

SquashTM インストール手順

概要

  • 方針
    • aptでお手軽に
    • PostgreSQLを使用(SquashTMはMySQL5.6と5.7非対応)
  • 参考
    公式Wiki
  • OS
    lubuntu - lubuntu-17.10.1-alternate-amd64.iso
  • SquashTM
    最新版 (1.17.0)

手順

1. Java

sudo apt-get update
sudo apt-get -y install openjdk-8-jdk

2. Apache2

sudo apt-get -y install apache2

3. PostgreSQL

sudo apt-get -y install postgresql
sudo -u postgres -i
psql
CREATE DATABASE squashtmdb WITH ENCODING='UTF8';
CREATE USER squashtm WITH PASSWORD '【DBパスワード】';
GRANT ALL PRIVILEGES ON database squashtmdb TO squashtm;
\q
su 【ユーザー名】
cd ~

4. DB構築

公式から一式をダウンロード
以下のSQLファイルを適当なフォルダにコピーした上で、
squash-tm\database-scripts\postgresql-full-install-version-1.17.0.RELEASE.sql

psql -U squashtm -h localhost -d squashtmdb
\i 【SQLファイル】
\q

5. SquashTM

echo "deb [trusted=yes] http://repo.squashtest.org/debian jessie main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/squash-tm.list
sudo apt-get --allow-unauthenticated update
sudo apt-get -y install squash-tm
  • 公式Wikiに記載の2. Import the gpg key:の通りにgpgキーをインポートしても使えなかった
  • DBの選択を迫られるのでMySQLを選択
  • エラーが発生し、DBの自動設定をキャンセルできるようになるのでキャンセルする

設定ファイルのDB設定を更新

/etc/default/squash-tm
DB_URL="jdbc:postgresql://localhost:5432/squashtmdb"
DB_TYPE="postgresql"
DB_USERNAME="squashtm"
DB_PASSWORD="【DBパスワード】"

サービス再起動&確認

sudo service squash-tm restart
sudo service squash-tm status

http://localhost:8080/squash

メモ