Posted at

VSCodeではじめるUnity生活


はじめに

Mac bookでUnityをやることになったけど.Visual Studioはどうしても使いたくなくてVisualStudio Codeを使えるようにするまでの手順です.

自分はMacで環境を作りますが,Windowsでも基本的には同じようにできます.


前準備

以下のものをまずインストールしましょう.

Visual Studio Codeは,最新版をダウンロードしてもらえればいいと思います.

Unity Hubは, いろんなバージョンで作業するときに便利です.個別にバージョンを入れても作業できますが,よっぽどのことがない限りUnity Hubを使ってバージョンを管理するのが楽だと思います.


VSCode側での作業

Unity(C#)の作業するために,拡張機能を入れる必要があります.


必須の拡張機能

この三つはとりあえず入れる必要があります.VSCodeのエクステンションで探して一番上に出てくるやつで大丈夫です.


あったら便利な拡張機能

定義元を参照とかジャンプとかにつかう.


コメントを書くときに,スラッシュ3つ入れたら自動的にテンプレートを書いてくれる.


スペルミスを教えてくれる.Unityには関係ないけど便利.


なんかいい感じに補完を支援してくれる.


フォーマットしてくれる.


.NET CLI tools を入れる

C#のファイルをVSCodeで開くと,なんか .NET CLI tools がないよって怒られました.

VSCode側の指示に従ってインストールして,VSCodeを再起動すると,パスが通ってエラーがなくなると思います.

入れなくてもいいかもしれませんが,エラーが出続けるのが嫌だったので僕は入れました.


Unity Hub側の設定


バージョンをインストール


  1. Unity Hubのインストールをクリック

  2. Unity バージョンを加える から使うバージョンを入れる.

    僕はUnity 2018.4.8f1(LTS)を入れました.Unity 2019.2.4f1を入れたとき,なぜかVSCodeがうまく動いてくれなかったためです.なんで動かなかったかわかる方いたら教えてください...


  3. モジュールをインストールする.

    Visual Studio for MacはVSCodeでやるためチェックを外しましょう.

    Platformは,自分でリリースしたいものを選べばいいです.後からでも追加できます.



Unity側の設定

UnityからVSCodeを紐付けします.

Unityから,

Unity>Preferences>External Tools>External Script Editor

のドロップリストからBrowsを選択してVSCodeを選択しましょう.

こんな感じに表示が変わると思います.

Unity 2019.2.4f1のときは,この下にExternal script editor args がでてきてここの設定が上手にできてないからVSCodeが開いてくれなかったのかもしれない.

これで紐付けは終わりです.


Monoをインストールする.

HomebrewでMonoをインストールします.


ターミナル上

brew install mono


Mono

↑のものをダウンロードでも大丈夫です.


ここまで終わったらVSCodeでも補完とかできるようになっていると思います.


さいごに

UnityのプロジェクトビューからC#スクリプトをダブルクリックしたとき,スクリプトは開かずplainテキストになるものは slnがあるところで開く必要があるらしいですね.

Unity 2019でも開けるように調査していきます...


参考にしたサイト