Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSアカウントを作成した際のセキュリティ設定

やったこと

ひさびさにAWSアカウントを作成する機会があったので、行ったセキュリティ関係の設定についてまとめてみました。

rootアカウントのMFA設定

  • 必須レベル
  • ユーザーパスワードだけで全てのことが出来てしまうので、作ったらMFA設定して保管

IAMの請求アクセス有効化

  • これをしないとIAMユーザーから請求情報にアクセスできない。
  • AWSは細かい従量課金を伴うため、コスト管理にIAMユーザーのチェックがあった方がいい
  • 不要なコストが発生していないかチェックが必要

課金アラートの設定

  • いくら気を付けていても、ある程度の不用意な課金は発生するので、アラート設定は必要

CloudTrailの有効化

  • API証跡は有効化しましょう。何かあったときには必須。

IAMユーザー・グループの作成

  • AWSではユーザーの使いまわしはNG。
  • 使いまわしは誰がどんな操作したかがわからなくなります。
  • 今までユーザーを共有していた方もAWSではやめましょう。
  • 退職したりした人でも操作できてしまうかもしれません。
  • 適切な権限、最小の権限を付与すべき、全員同じグループやとりあえずAdministratorAccessは×
  • アクセスキーは必要になったら作成。(デフォルト作成しない)

IAMユーザーのパスワードポリシー設定

  • 文字数や英数混在、有効期間など
  • 緩い設定をしてしまう人は必ずいます。ポリシーで制限しましょう。

IAMユーザーのMFA設定

  • 所属組織次第かもしれませんが、通常AdministratorAccessなど上位の権限を持ったユーザーはMFAアクセス必須とすべきです。
  • 個人的にはポリシーで縛るべきだと思う。

IPアドレス制限

  • AWSマネジメントコンソールはインターネット上のサービスです。
  • ということは自宅からでもアクセスできます。MFA設定してもVPN/専用線接続しても同じ。
  • なのでIAMポリシーでIPアドレス制限が必要です。(CFなど一部サービスは使えないのでその場合AssumeRoleなど検討)
  • 自分のグローバルIP以外からの操作を拒否するポリシーを持ったグループをユーザーに付与することを推奨。個別ポリシーでもOK。
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away