Help us understand the problem. What is going on with this article?

古いXcodeで動かせないOSを実機デバッグする方法

Xcodeは常に新しいものを使うことが正義だとおもっていますが、Xcodeには動かせる端末の制限があったりして困るときがあります。

だからといって、Xcodeを新しいものにすると、思いがけないトラップにひっかかり時間を浪費したり…

トラップ例

  • Swiftバージョン違いによるごにょごにょ
  • OSSライブラリのバージョン違いによるごにょごにょ

なので、古いXcodeで、新しいXcodeでしか動かせない端末を動かそう + 実機のデバッグもしよう!という話です。

用意するもの

  • 動かしたいXcodeアプリ
  • 新しいXcodeアプリ(β版など)
  • 新しいOSの入ったiOS実機(新しいXcodeでしか動かせないバージョン)

各Xcodeはここから持ってきましょう。

※ なお標準環境のXcodeは残しておくのが良いとおもいます:thumbsup:

手順(Xcode用意編)

古いXcodeをXcode-custom.app、新しいXcodeをXcode-new.appとして記載。

  1. Xcodeの用意
  2. Finderで両Xcodeのパッケージの内容を表示を選ぶ。(タブで並べると便利)
  3. 各Xcode.app⁩ ▸ ⁨Contents⁩ ▸ ⁨Developer⁩ ▸ ⁨Platforms⁩ ▸ ⁨iPhoneOS.platform⁩ ▸ ⁨DeviceSupport⁩を開く
  4. 新しいXcodeのDeviceSupportに動かしたい実機のOSバージョンフォルダが有ることをチェック:exclamation:
  5. 古いXcodeのDeviceSupportに動かしたい実機のOSバージョンフォルダが無いことをチェック:exclamation:
  6. 新しいXcodeから古いXcodeにiOSバージョンフォルダをコピー (iOS13など)

手順(Xcode実行編)

  1. Xcode-custom.appを実行
  2. 動かしたい実機を接続してRun
    • 動いた場合:laughing:
      • 作業完了です
    • 動かなかった場合:scream:
      • Xcode の Product ▸ Scheme ▸ Edit Scheme を選択し、Debug executableのチェックを外す:white_large_square: ※ このチェックはデバッグ実行をするかどうかの設定です。
      • 再度Runを試す
      • 起動できたらDebug executableをつけ直して:white_check_mark:Runすることで実機デバッグ出来るかと。

最後に

  • 実機や環境によってできないケースも有るかもですが、Xcodeに実機デバイスを増やす手順でした。

これからも、良いアプリ開発を目指して:dancers:

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away