Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
8
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

@softgate

VC++ 12 (VS2013) で OpenSSL をビルドしたメモ

準備

  • OpenSSL 1.0.1f のソースをダウンロードして展開
  • Win32 用 nasm 2.11.02 バイナリをダウンロードして展開
  • Perl は以前からインストールされていた ActivePerl 5.16.2 を使用
  • nasm, Perl, VC++ にパスを通す

ここでは VS 2013 に含まれる VC++ 12 を使用した。

ビルド

OpenSSL のソースは D:\Temp\openssl-1.0.1f に展開されており、ビルド後に D:\Libraries\openssl にインストールすると仮定する。

  • D:\Temp\openssl-1.0.1f に移動
  • > perl Configure VC-WIN32 --prefix=D:/Libraries/openssl で Makefile を生成
  • > ms\do_nasm でアセンブリソースを生成
  • > nmake -f ms\ntdll.mak install で DLL をビルド&インストール
  • > nmake -f ms\nt.mak install でスタティックライブラリをビルド&インストール

テストを実行するならビルドターゲットを test にして > nmake -f ms\nt.mak test などとする。最後に passed all tests と表示されれば正常。

デフォルトでは、DLL は CRT に動的リンク、スタティックライブラリは CRT に静的リンクされるようなコード生成オプションになっている。したがって、DLL の方は、原則として実行時に VC++ ランタイムが必要。

未確認だが、VC++ 11 以上でコンパイルする場合、XP でも動作するバイナリをビルドするには XP ツールセットを使った方が無難かもしれない(.mak ファイルの CFLAGS に /D_USING_V110_SDK71_ を追加)。

デバッグ版をビルドする場合は

> perl Configure debug-VC-WIN32 --prefix=D:/Libraries/openssl

のようにする。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
8
Help us understand the problem. What are the problem?