ccxtを利用したBitcoinのシステムトレードをやろうとして謎に思ったこと

ccxtを通してBitFlyerのオリジナルのAPIを使おうとしたとき

初めまして。プログラミング初心者です。

trade.py
import ccxt
from pprint import pprint

bitflyer = ccxt.bitflyer()
response = bitflyer.public_get_getboard()
pprint(response)

こういうコードを書いてBitFlyer Lightningの板情報を得ようとしました。
BitFlyer側では/getboardというAPIが定義されていたので、ccxtでは.public_get_getboard()が定義されてそうだなーと当たりをつけて、どうやらこれが当たっていたっぽいんですけど、帰ってきた結果が

{u'price': 751050.0, u'size': 0.2},
{u'price': 751001.0, u'size': 0.0133},
{u'price': 751000.0, u'size': 0.4},
{u'price': 750902.0, u'size': 0.2},
{u'price': 750848.0, u'size': 0.01},
{u'price': 750782.0, u'size': 0.1},
{u'price': 750777.0, u'size': 0.033},

こんな感じになりました。ここで「ん?」となりました。
というのもAPIの説明の方にはレスポンスは

{
"mid_price": 33320,
"bids": [
{
"price": 30000,
"size": 0.1
},
{
"price": 25570,
"size": 3
}
],
"asks": [
{
"price": 36640,
"size": 5
},
{
"price": 36700,
"size": 1.2
}
]
}

と書いてあったからです。
約定価格はどれ?となったので、ダメ元でresponse["mid_price"]をprintしたらなぜかちゃんとmid_priceを表示してくれました。
u'price'だかなんだかはどこへ行ったのでしょうか?誰か分かる方いたら丁寧に教えていただけると嬉しいです。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.