Help us understand the problem. What is going on with this article?

ゴミ出し日の前日にLINEで通知してくれるアプリを作る(Node.js / AWS Lambda)

ゴミ出し日の前日にLINEで通知してくれるアプリを作る

なぜ作るのか

1ヶ月半前でしょうか、新しく引っ越したマンションのゴミの分別が厳しい。
覚えるのもめんどくさいし、怒られるのも嫌なので、前日に通知してくれるやつ作ってしまおう。
というのがきっかけ。

レポジトリ

事前準備

LINE Developers (Messaging API)

image.png

LINE DevelopersでLINEアカウントでログインします。
[新規プロバイダー作成] - [新規チャネル作成] - [MessagingAPI]順で進み、
アプリの情報を書いていきましょう。

メッセージ送受信設定のところにあるアクセストークンと、
その他にあるYour user IDをメモしておきましょう。

Amazon Web Service (AWS Lambda, Amazon CloudWatch)

AWSにログインし、
Lambda関数の作成を行います。
image.png

これで事前準備は完了です。

ローカルでの環境

Lambdaのコンソールで作成しても良いのですが、便宜上ローカルで開発を行います。

npm

npm i @line/bot-sdk moment-timezone

ゴミ出し日ロジックの実装

まず、曜日を扱うので、moment-timezoneを使ってロジックを実装しました。

utils/date.js
const moment = require('moment-timezone');

moment.tz('Asia/Tokyo').locale('ja');

const Monday = 1;
const Tuesday = 2;
const Wednesday = 3;
const Thursday = 4;
const Friday = 5;
const Saturday = 6;
const Sunday = 7;

// 今日
function getMoment(date = new Date()) {
  return moment(date)
    .tz('Asia/Tokyo')
    .locale('ja');
}

// 何番目の週か
function getWeekOfMonth(date) {
  return Math.ceil(date.date() / 7);
}

module.exports = {
  Monday: Monday,
  Tuesday: Tuesday,
  Wednesday: Wednesday,
  Thursday: Thursday,
  Friday: Friday,
  Saturday: Saturday,
  Sunday: Sunday,
  getMoment: getMoment,
  getWeekOfMonth: getWeekOfMonth,
};

私の住んでるところのゴミ出し日の情報を書いていきます。
可燃ゴミは水・土、不燃ゴミは2週・4週目の火曜日、資源ゴミは月曜日だったので、
以下のように書きました。

index.js
const {
    getMoment,
    getWeekOfMonth,
    Monday,
    Tuesday,
    Wednesday,
    Saturday,
} = require('./utils/date');

const info = {
    burnable: {
        message: '明日は燃やすゴミの日です',
        days: [Wednesday, Saturday],
        weeks: [],
    },
    unburnable: {
        message: '明日は燃やさないゴミの日です',
        days: [Tuesday],
        weeks: [2, 4],
    },
    recyclable: {
        message: '明日は資源ゴミの日です',
        days: [Monday],
        weeks: [],
    },
};
...

そして、今日がゴミ出しの日かどうかを判断する関数を書けばOKです。

index.js
...
// 曜日が合ってるか
const isDateDay = (date, days = []) => {
    return days.includes(date.day());
};

// 週が合ってるか
const isWeekDay = (date, weeks = []) => {
    const weekOfMonth = getWeekOfMonth(date);
    return weeks.length > 0 ? weeks.includes(weekOfMonth) : true;
};

// ゴミ出しの日か
const isTrashDay = (date, obj) => {
    return isDateDay(date, obj.days) && isWeekDay(date, obj.weeks);
};

// ゴミ出しの日だったら、メッセージを返す
const getMessage = date => {
    let message = undefined;
    Object.keys(info).forEach(key => {
        const obj = info[key];
        if (isTrashDay(date, obj)) message = obj.message;
    });
    return message;
};
...

LINE Messaging APIの実装

@line/bot-sdkからlineをインポート、
一番最初にメモしておいたアクセストークンを使います。
ですが、そのまま書くのではなく、Lambdaでもenv設定ができるので、
process.env.ACCESS_TOKENを渡しましょう。

index.js
const line = require('@line/bot-sdk');
...

const client = new line.Client({
    channelAccessToken: process.env.ACCESS_TOKEN
});

最後にメイン処理のhandlerを実装します。
requestが来たら、Lambdaがhandlerが実行されます。
もし、ゴミ出し日でなかったらメッセージは送られないように作っていきます。

index.js
exports.handler = async event => {
    //明日がゴミ出し日かどうか
    const tomorrow = getMoment().add(1, 'days');
    const message = getMessage(tomorrow);

    if (message) {
        const postMessage = {
            type:'text',
            text: message,
        }
        try {
            await client.pushMessage(process.env.USER_ID, postMessage);
        } catch (error) {
            console.log(error)
        }

        return {
            statusCode: 200,
            body: JSON.stringify(postMessage)
        };
    }

    return {
        statusCode: 200
    }
};

client.pushMessageメソッドにUSER_IDと、postMessageを渡してあげることで完成です。

Lambdaの設定

今までローカルで作業してたフォルダーを圧縮し、.zipファイルにします。
image.png

書いたコードをアップロードできます。
そして、環境変数にACCESS_TOKENUSER_IDを設定しましょう。
image.png

CloudWatchで毎晩10時にeventを実行する

トリガーを追加CloudWatch Eventsを選び、
新しいルールを追加します。

image.png

私はスケジュール式でcron式を書きました。(時間はUTCで、日本の時間と違うので注意)
cron(0 13 * * ? *)

夜10:00に通知を送ってくれるようになりました。

最後に

image.png

いや、分別めんどくさいわ!

so99ynoodles
ダイエットのために、ラーメンは一日一食だけにしてます。 フロントエンドメインのUI / UX好きエンジニア。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした