PHP
Vagrant
VirtualBox
Laravel
PHP7

Laravel備忘録01-アプリ作成・起動設定-


はじめに

以下の操作は全てMacで行っています

Windowsはわからないです...

若干の環境の違いはあると思いますので、適宜読み替えて行ってください


vagrantでlaravelアプリケーション作成


terminal

vagrant@Homestead:~/code$ composer create-project --prefer-dist laravel/laravel アプリ名



vagrantを一度終了


terminal

vagrant@Homestead:~/code$ cd

vagrant@Homestead:~/$ exit # もしくは logout
# ローカルに移動
$ vagrant halt
$ vagrant status
Current machine states:

homestead-7 poweroff (virtualbox)

The VM is running. To stop this VM, you can run `vagrant halt` to
shut it down forcefully, or you can run `vagrant suspend` to simply
suspend the virtual machine. In either case, to restart it again,
simply run `vagrant up`.



Homestead.ymlに設定の追記

vimなどを使って以下を追記してください

ローカルのブラウザからアプリ名.testで指定のアプリを開けます

vimを起動


terminal

$ vi Homestead.yml


ファイル内容に以下を追記(アプリ毎に複数設定することになると思います)


Homestead.yml

sites:

- map: アプリ名.test
to: /vagrant/home/code/アプリ名/public


Homestead.ymlの変更を反映


terminal

$ vagrant provision # または vagrant reload --provision



/etc/hostsに設定を追記

自身のHomestead.ymlを参照して、ファイル上部に書いてあるアドレスにアプリ名.testでアクセスできるようにします

以下のコマンドはHomestead.ymlが存在するフォルダで行います


terminal

$ sudo vi /etc/hosts # パスワードを求められるので入力


自身のHomestead.ymlファイル内の上部のアドレスを参照する


Homestead.yml

---

ip: "192.168.10.10" # こちらを参照の上、/etc/hostsファイルに追記する
memory: 2048
cpus: 1
provider: virtualbox

...


以下、/etc/hosts内にvimにて追記


/etc/hosts

##

# Host Database
#
# localhost is used to configure the loopback interface
# when the system is booting. Do not change this entry.
##
127.0.0.1 localhost
255.255.255.255 broadcasthost
::1 localhost

192.168.10.10 アプリ名.test # これを先ほどHomestead.ymlでの設定に基づいて追記



vagrantの再起動


terminal

$ vagrant up

$ vagrant ssh
vagrant@Homestead:~/$ # このように仮想環境に問題なくアクセスできればOK


ブラウザで問題なくアクセスできるか確認する

ブラウザのurlにアプリ名.testと入力してアクセスしてみる

以下のような画面が出てくればOK

スクリーンショット 2018-09-16 12.28.58.png