Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS EC2でPHP7.2 インストール

概要

  • AWSの無料枠の範囲内でサーバを立ててみる
  • 元インフラの卵兼駆け出しエンジニアが作ってみます
  • swap までは、こちらを参考にしました
  • PHP7.2のインストールはこちらを参考にしました

やったこと

  • EC2のサーバがたったら、yum update でアップデートを実行する
  • 時刻をJSTに変更する
  • swap を設定
  • remi の追加
  • PHP7.2 のインストール

アップデート

$ sudo yum update

EC2 のサーバに入っている色々なものがアップデートされます

時刻をJSTに変換する

$ date
2019年  3月 31日 日曜日 23:55:57 UTC

最初は [UTC] なので [JST]へ変更する

$ timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

このコマンドを実行し、確認

$ date
2019年  4月  1日 月曜日 00:01:23 JST

JSTにになっていればOK

swap の設定

  • EC2には、swap が設定されておらず Laravel インストール時に t2-minerだとメモリ不足になり、エラーになるらしい!
  • swap の状況確認
$ grep Mem /proc/meminfo
$ grep Swap /proc/meminfo
$ free
  • 512MBのswap の作成
$ sudo dd if=/dev/zero of=/swapfile1 bs=1M count=512
  • 確認
$ ll /swapfile1
-rw-r--r-- 1 root root 536870912  3月 31 22:40 /swapfile1
  • swapファイルの権限を変更し、フォーマット
$ sudo chmod 600 /swapfile1
$ sudo mkswap /swapfile1

-swapファイルを有効化

$ sudo swapon /swapfile1
$ $ sudo swapon -s
  • 再起動でswapファイルが反映するように設定
$ sudo cp -p /etc/fstab /etc/fstab.org
$ sudo sh -c "echo '/swapfile1 swap swap defaults 0 0' >> /etc/fstab"
$ cat /etc/fstab
LABEL=/     /           ext4    defaults,noatime  1   1
tmpfs       /dev/shm    tmpfs   defaults        0   0
devpts      /dev/pts    devpts  gid=5,mode=620  0   0
sysfs       /sys        sysfs   defaults        0   0
proc        /proc       proc    defaults        0   0
/swapfile1  swap        swap    defaults        0   0
  • swap が設定できたか確認
$ grep Mem /proc/meminfo
MemTotal:        1007252 kB
MemFree:          410276 kB
MemAvailable:     777436 kB
$ grep Swap /proc/meminfo
SwapCached:            0 kB
SwapTotal:        524284 kB
SwapFree:         524284 kB
$ free
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:        1007252       53744      410268         396      543240      777444
Swap:        524284           0      524284

remi 追加

$ sudo wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh epel-release-latest-7.noarch.rpm
$ sudo yum install -y http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
$ sudo yum-config-manager --enable remi-php72

sudo yum install php とするとphp5 が入ってしまう!!

php7.2 インストール

$ sudo yum install -y php72 php72-php php72-php-fpm
$ sudo ln -s /usr/bin/php72 /usr/bin/php
  • sudo ln -s /usr/bin/php72 /usr/bin/phpを実行することで、php -vでバージョン確認が出来る ※ これを実行しない場合は、php72 -vで確認できます
$ php -v
PHP 7.2.16 (cli) (built: Mar  5 2019 13:10:50) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group

php-fpm 有効化

  • ln コマンドって? これは、[php72]ではなく[php]で動作させるため、リンクさせるためのコマンドです。 こちらに使い方がありました。

おわり

次回は、WEBサーバのインストールです。

linuxコマンド、知らないものがたくさんあるので、少しずつ覚えていきたいです。
コマンド不慣れなので、linuxコマンド調べつつです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした