Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Python】pyramidチュートリアル用の仮想python環境構築(まとめ)

More than 5 years have passed since last update.

Linux(debian)でpyramidチュートリアルを実施するため、
virtualenvを使用した仮想python環境の作成方法

前、手探りで環境作成とかしたけど、いろいろ分かってきたのでまとめ直し。

setuptools、pip、virtualenvインストール

とりあえず、setuptools、pip、virtualenvの3つを準備。

#setuptoolsのインストール
$ wget https://bitbucket.org/pypa/setuptools/raw/bootstrap/ez_setup.py -O - | python

#setuptoolsをインストールするとeasy_installが使用できるようになるので、pipとvirtualenvをインストールする
$ easy_install pip
$ easy_install virtualenv

環境に合わせて管理者権限が必要になるかも。

※ 少し古い情報だとsetuptoolsよりdistributeのが良いとか出てくるけど、
  今は2つがマージされたのでsetuptoolsを使用しましょう。

仮想Python環境構築

virtualenvを使用して仮想環境を構築

#sampleという名前の仮想環境を構築
$ virtualenv --no-site-packages sample

環境を構築したらアクティベートをすることによって、
環境を使用することができる。

#sample仮想環境にアクティベート
$ cd sample
$ source bin/activate

成功するとコマンドに環境名が()で表示されるようになる。
上の場合だと(sample)といった感じ。

環境から出るときはdeactivateコマンド

#環境から出る
$ deactivate

Pyramidのインストール

仮想環境に入った状態でpuramidをインストールする。
作業場所は仮想環境ディレクトリ直下

$ pip install pyramid

ちなみに、私の環境だとこのコマンドでPyramid1.4.5がインストールされました。
チュートリアルのバージョンと違うけど、まあ何とかなるかと。

インストール(チュートリアル)

あとはPyramidチュートリアルのインストールに沿って
必要なものをインストールしていく。
なんとなくeasy_installじゃなくてpipを使ってます。

・プロジェクト作成

$ bin/pcreate -s alchemy tutorial

・開発モードでのプロジェクトのインストール

$ cd tutorial
$ python setup.py develop

・テストの実行

$ python setup.py test -q

・テストカバレッジ情報の抽出

$ pip install nose coverage
$ ../bin/nosetests --cover-package=tutorial --cover-erase --with-coverage

・データベースの初期化

$ ../bin/initialize_tutorial_db development.ini

・アプリケーションの起動

$ ../bin/pserve development.ini --reload

これでサーバが起動する。
これにてチュートリアルのインストール終了でーす。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした