Help us understand the problem. What is going on with this article?

VirtualBox & Vagrant & Chef-solo 導入メモ

More than 5 years have passed since last update.

VirtualBox & Vagrant & Chef-solo 導入メモ

  • ホストOS
    • Mac OS 10.8.4
  • ゲストOS
    • CentOSが入れたい。PHPの開発環境が必要になったから作りたい。

VirtualBox

公式サイトからダウンロードした

Vagrant

公式ダウンロードからダウンロードした

Virtual BoxImage

http://www.vagrantbox.esからダウンロードさせてもらう。今回は CentOS 6.3 x86_64_minimal を選択した。

BoxImageの登録

  1. vagrant box add CentOS_6.3_x86_64_minimal *url* で登録
  2. 適当なディレクトリを作成しその中に移動。vagrant init CentOS_6.3_x86_64_minimalで初期化
  3. 作成されたVagrantfileの以下の部分を変更。共有フォルダ(つまりホストのMac)でソースは管理して、ゲストOSからその共有ホルダを見に行く構成にしてみた。今回はApacheとPHPのため、/var/www/htmlを使っている。

    Vagrantfile
    config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
    config.vm.synced_folder "../www", "/var/www/html", :extra => "dmode=777,fmode=666"
    
  4. vagrant upで起動

  5. vagrant sshで接続

ホストOS(Mac)のSSH設定変更

Chef-soloを使うには、ssh 192.168.33.10コマンドで、何も聞かれずにSSHログインできないといけないらしい。以下の設定を~/.ssh/configに追加する。

Host 192.168.33.*
    IdentityFile ~/.vagrant.d/insecure_private_key
    User vagrant

Vagrantインストール

gemでもインストールしてみたけど、バージョンがかなり古かったから、結局Vagrant公式サイトからインストールした。

Chef-soloインストール

  1. これはgemから。ただそのままだとこれまたバージョンが古いので、gem install chef-solo --preで新しいヤツをクレと要求する。
  2. knife configureで設定。色々聞かれるけど、全部初期値(リターン押しまくり)でOKっぽい。

Chefのレシピとか

  1. Chefのレシピを入れるリポジトリ。まだ良くわかってないので、とりあえず一つのリポジトリ(=ディレクトリ)で全部を管理してみようと思う。
  2. knife solo init chef-repoでリポジトリを作成。現在のディレクトリにchef-repoというディレクトリができて、その下になんだかファイルがたくさんできる。
  3. knife solo prepare 192.168.33.10で初期化。knife solo init 192.168.33.10もやったかもしれないし、やってないかもしれない。忘れた。やっておけばいいと思う。
  4. knife cookbook create seezoo -o site-cookbooksで、seezoo用のCookbookを作った。そう。今回はこの国産CMSで、色々と試すためにやったんだ。それと-oオプションで出力ディレクトリsite-cookbooksを指定している。cookbooksディレクトリは、インポートしたサードパーティ製のレシピなどを入れるといいらしい。

さぁ!あとは試行錯誤だ!

ちなみに、sngmrはこんな感じになってます。site-cookbooksディレクトリのseezooディレクトリを見てください。

https://github.com/sngmr/Chef-Repo

sngmr
やぁやぁ。sngmrだよ! コネクションワークスの森 真吾だよ! Blogは近況報告なんかに特化させて、技術的なことはこっちに書いていこうと思うよ。 モトクロスとプログラムと粉砕骨折と: http://d.hatena.ne.jp/sngmr コネクションワークス: http://connectionworks.jp
http://sngmr.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away