search
LoginSignup
3

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

CLIベースのAlexaスキル開発で ap-northeast-1 リージョンでスキルを稼働させる手順

モチベーション

ask-cli 使うと Lambda のデプロイ先が us-east-1 リージョン固定なので ap-northeast-1 リージョンにデプロイしたい。

そのため CLI ベースでスキルを開発する場合、デプロイするコンポーネントによって以下のように ask コマンド(ask-cli)と sls コマンド(Serverless Framework)を使い分けているが、デプロイの順番などコツがあるので、この記事でその手順を記載する。

image.png

環境

  • ask-cli 1.5.1
  • Serverless Framework 1.32.0

手順

スキルのデプロイ

まず、ask new でプロジェクトを作成する。

$ ask new
? Please select the runtime Node.js V8
? List of templates you can choose Hello World
? Please type in your skill name:  hello-world
Skill "hello-world" has been created based on the chosen template

上記の例だと、hello-world というスキル名でディレクトリが作られ、そこにスキルの雛形が作成される。

まず、最初にスキルのみをデプロイする。

$ cd hello-world
$ ask deploy -t skill

デプロイ成功すると Skill ID が表示されるが、この後の手順で必要になるのでメモっておく(一応.ask/configに記載される)

対話モデルのデプロイ

続けて対話モデルのみをデプロイ

$ ask deploy -t model

この時点で、Amazon 開発者コンソール を開くと、hello-world というスキルができているのが確認できると思う。

Lambda Function のデプロイ

続いて、Serverless Framework を使って Lambda Function をデプロイする。

custom/lambda ディレクトリに以下のような内容で serverless.yml を作成。
alexaSkill の箇所はスキルのデプロイ時に表示された Skill ID に置き換えること。

lambda/custom/serverless.yml
service: hello-world

provider:
  name: aws
  region: ap-northeast-1
  runtime: nodejs8.10
  memorySize: 128

package:
  include:
    - node_modules/

functions:
  main:
    handler: index.handler
    events:
      - alexaSkill: amzn1.ask.skill.xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
        enabled: true

sls コマンドで Lambda Function をデプロイする。

$ sls deploy

 :

Service Information
service: hello-world
stage: dev
region: ap-northeast-1
 :

結果の出力から ap-northeast-1 にデプロイされたことを確認

スキルのエンドポイントに Labmda のエンドポイントを登録

AWSコンソールを開いて、デプロイした Function の ARN を取得

image.png

skill.json をエディタで編集し、manifest.apis.custom.endpoint.uri の値を Lambda の ARN に書き換える。

skill.json
{
  "manifest": {
    "publishingInformation": {
      "locales": {
        "en-US": {
          "summary": "Sample Short Description",
          "examplePhrases": [
            "Alexa open hello world",
            "hello",
            "help"
          ],
          "name": "hello-world",
          "description": "Sample Full Description"
        }
      },
      "isAvailableWorldwide": true,
      "testingInstructions": "Sample Testing Instructions.",
      "category": "KNOWLEDGE_AND_TRIVIA",
      "distributionCountries": []
    },
    "apis": {
      "custom": {
        "endpoint": {
          "uri": "arn:aws:lambda:ap-northeast-1:xxxxxxxxxxxx:function:hello-world-dev-main"
        }
      }
    },
    "manifestVersion": "1.0"
  }
}

スキルにエンドポイントを反映するため、スキルをデプロイ

$ ask deploy -t skill

念のため、開発者コンソールでスキルのエンドポイントが反映されていることを確認

image.png

シミュレータで動作確認

$ ask simulate -l 'en-US' -t 'hello world'

正常なレスポンスJSONが返却されることを確認

これで、スキル開発の作業を CLI ベースで進めることができます。

さいごに

最後にちょっとだけ自作 npm パッケージを宣伝。
ポッドキャスト対応スキルを最小のコーディングで実装するための npm パッケージを最近リリースしました。

まだ開発中で足りない機能とか多いですが使ってみて感想・要望などいただけると嬉しいです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
3