Help us understand the problem. What is going on with this article?

Nutanixのサイジングツール『Sizer』を使ってみよう(後編)

More than 3 years have passed since last update.

この記事はNutanix Advent Calendar 2016、9日目の分として作成しました。

前回のエントリではSizerについて、Server Virtualizationのワークロードを例に解説しました。
今回は、前回紹介していなかったワークロードタイプ「VDI」「RDSH/XenApp」「RAW Input」について解説します。

11-2.PNG

VDI

VDIは、デスクトップ仮想化環境向けのワークロードタイプです。
設定項目は以下のとおりです。
1. VDI Brokerの選択
2. ユーザータイプ、ユーザー数、展開方式の選択

VDI BrokerとしてはVMware Horizon ViewとCitrix XenDesktopが選択できます。
ここで選択したBrokerにより、次のステップで選択可能な展開方式が変わります。
13.PNG

ユーザータイプ、ユーザー数、展開方式の選択を行います。
14.PNG

ユーザータイプは、VDIが要求するリソースのひな形です。
使用リソースが小さい順に、Task Worker, Knowledge Worker, Power User, Developerの4種類から選択可能です。
15.PNG

VDIソリューションごとに、各々が対応している展開方式を選択可能です。選択した方式に基づき、必要となるストレージ容量が計算されます。

Viewの場合
16-2.PNG

XenDesktopの場合
16.PNG

RDSH/XenApp

RDSH/XenAppは、アプリケーション仮想化環境向けのワークロードタイプです。
設定項目は以下のとおりです。
1. アプリケーション仮想化ソリューション、アプリケーションをホストするOSの選択
2. ユーザー数、展開方式、システムデータ容量、ユーザープロファイル容量、(差分データ容量)、GPUカードタイプの選択

RDSH/XenAppについては、リソース計算の元になる情報がVDIとは異なっています。
VDIの場合には、1VMを1ユーザーが使用しますが、RDSH/XenAppでは複数のユーザーが同一のVM上でアプリケーションを使用します。
VMのサイズや割当てるリソース、ユーザー何人あたり1VMを作成するか、といった値がNutanixの経験則に基づいて自動設定されています。

RDSH/XenAppはVMサイズをスケールアップすることで無限にたくさんのユーザーのセッションを捌けるというわけではありません。仮想環境ではWindowsの1VMあたりの処理効率を考慮し、程々なサイズのVMの数を増やすことでスケールアウトしていった方が効率的に多くのユーザーセッションを捌けるようになります。この考え方に基づき、Sizerでも2012R2と2008R2のどちらを選択したかによって、異なる設定値が使用されるようになっています。

2012 R2 2008 R2 説明
Estimated # of RDSH/XenApp VMs - - すべての接続ユーザーの処理を捌くのに必要なRDSH/XenAppサーバーVM数
RAM per RDSH/XenApp Server 23 16 RDSH/XenAppサーバーVMに割り当てるメモリ容量
vCPUs per RDSH/XenApp Server 8 4 RDSH/XenAppサーバーVMに割り当てるvCPU数
Users per RDSH/XenApp Server 50 25 RDSH/XenAppサーバーあたりの接続ユーザー数

RAW Input

ここまではユースケースに合わせたワークロードタイプを紹介しましたが、RAW Inputは少し位置づけの異なります。
このワークロードタイプは、あらかじめサイジング済みの必要リソース情報をそのまま入力する方式です。
Sierの独自のノウハウに基づいてリソース計算をしたい場合や、あらかじめ他のツールで必要リソース調査を実施済みの場合には、こちらのワークロードタイプに各パラメータをそのまま入力することで、即座にハードウェア構成例を出力可能です。

42.PNG

まとめ

2回にわたってSizerについて紹介してきましたが、Nutanixのサイジングにおいてポイントとなるのは、「その基盤で何を動かすのか」「どの程度リソースが必要か」という視点です。

ハードウェアの選定を行うとなると、ついついハードウェアの一覧を眺めながら「どの機種がいいのだろう…」というところからスタートしがちですが、前編でもご紹介したとおりNutanixには数万通り以上のハードウェア構成が存在するため、ハードウェア起点で物事を考えてしまうのは混乱の元になります。

実際にNutanixを導入いただく時には、最初から「この機種をこのスペックで○台ほしい」という形を考えるのではなく、まずは想定用途や必要リソースを元にSizerを使ってみたり、Nutanixやパートナーにご相談頂いたりするのが、最適な構成にたどり着く一番の近道だと思います。

smzksts
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした