CentOS
RaspberryPi
mount
centos7

RaspberryPi 3 B(CentOS7)において、永続的な外部HDDのマウントをfstabなしで行った備忘録

はじめの前に

以下の話はたぶんfstabを使えばなしで大丈夫です。
fstabをお使いください。
fstab参考: uuidによるデバイスのマウント

はじめに

親がRaspberryPi3 Bを1年半ぐらい前に購入してきてたので、それでSambaを動かそうと思った。
そのためには外部HDDを持ってきて、そこへ読み書きするのが適切だろうということで、
弟用PCと化した旧鯖機でそのために使っていてこのために残していたHDDを、もってきてこれに繋いだ。
(記事の初稿は8月終盤だったのに、いつか投稿しようと思っていたらもう年末だった気持ちです。覚えてない…。)

マウント方法

手順

マウント先フォルダの作成

mkdir (マウント先フォルダ)
mkdir /data/ (←例)

接続ディスク名の確認

下記のどっちでも良いが、partedの方が見やすいと思います。
fdisk -l
parted -l

マウントの実行

一般的な方法は下記だが、今回は永続的に行うためUUIDを用いる。
mount /dev/(ディスク名) (マウント先フォルダ)

UUIDを利用したマウント

ls -al /dev/disk/by-uuid/ | grep sda
UUID: (UUID)
#UUIDの取得

mount /dev/disk/by-uuid/(UUID) /(マウント先フォルダ)
# または、
mount -U (UUID) (マウント先フォルダ)

マウントの確認

書きたいけど忘れてしまった…。

アンマウント

dfコマンドでアンマウントされているかを確認してから、
umount (マウント先フォルダ)

再起動後のアンマウント

rebootするとアンマウントされ、再びマウントのコマンドを使わなければならなかった。

autofs (使わなかった)

そこで検索をかけてみると、autofsを使うと良いと書かれた記事を発見したため、
これを用いたところ、/misc/の下にマウントされたが、トップレベルの階層を指定できなかったため使わないことにした。

yum install autofs

vi /etc/auto.master
# → miscのコメントアウトを外す。

vi /etc/auto.misc
data -fstype=ext4 :/dev/disk/by-uuid/(UUID)

ls -al /misc/(マウント先フォルダ)

mount_data.serviceの利用

(面倒になったので省略します…)

mount_data.service
[Unit]
Description=Mount Data.
After=network.target local-fs.target

[Service]
Type=forking
User=root
ExecStart=/bin/bash /~/mount.sh
ExecStop=/bin/bash /~/umount.sh
WorkingDirectory=/~/~

[Install]
WantedBy=multi-user.target
mount.sh
#!/bin/bash
mount -U (UUID) /data
umount.sh
#!/bin/bash
umount /data/