Help us understand the problem. What is going on with this article?

Zoho CreatorのREST APIを叩きデータを取得する

Zoho CreatorのREST APIを叩きデータを取得する

kintoneで実現していたクラウドDBをZoho Creatorに移行するという、ちょっと珍しい作業をやった時のメモみたいなもの。

いやREST APIの仕様は公式ドキュメントに明瞭簡潔に載ってるのですが、
いかんせんZohoは公式ドキュメントが日本語非対応なうえ、国内にはZohoを取り扱った記事も少なく
そして自分は英語が苦手…ヤンナルネ

とりあえずREST APIを叩き、Zoho Creatorのアプリからデータを取得するところまでを残しておく。
スカムな記事だと思います。

アプリを作りフォームをサクッと作る

Zohoアカウントをアクセスし「Zoho Creator」にアクセス。
初回チュートリアルは非常に親切で、実際に操作をしながらアプリを作ることが出来ます。
編集画面でパーツをドラッグ&ドロップでポチポチ作成。
この辺りはkintoneと同じ感覚で、ノンプログラミングでサクッと作れます。
キャプチャ0001.PNG

レポートを作成しデータを投入

レポート=データ一覧画面、というざっくり認識でOK。
自動的にレポートも作成されているはずですが、もし作成されていなければレポートも作ってしまう。
日本語訳がイマイチですが、以下で作成したフォームを選択すればOK。
キャプチャ0002.PNG

「このアプリケーションにアクセス」をクリックすると、作成したアプリを実際に動かすことが出来る。
早速作成したフォームにデータをいくつか投入。
キャプチャ0003.PNG

APIキーを生成

APIキーの発行云々は以下に記載されている(Yes, 全部英語)。
https://www.zoho.com/creator/help/api/prerequisites/generate-auth-token.html

APIを使用するための認証キーを作成。
以下にアクセスすれば、APIキーが生成されJSON形式でもらえます。
内容を確認し、どこかにメモっておく。
https://accounts.zoho.com/apiauthtoken/nb/create?SCOPE=ZohoCreator/creatorapi&EMAIL_ID=【ZOHOのユーザーネーム】&PASSWORD=【ZOHOパスワード】

早速APIを叩いてみる

基本的なAPIは以下に一式記載されている(Yes, 全部英語)。
とりあえず今回は、アプリからデータを取得するAPI(View Records)を試しに叩いてみる。

URL
https://creator.zoho.com/api/【取得するデータ形式】/【アプリケーション名】/view/【レポートリンク名※1】

HTTP Method
GET

【取得するデータ形式】
json
xml
csv ※公式ドキュメントには何故か「csv」の記載がなかった…ナンデ?

パラメータ とりあえず必須のものだけ。オプションで条件を付けたりできます。

名前    値      
authtoken 作成したAPIキー
scope "creatorapi"固定
zc_ownername アプリケーションのオーナー名 ※2

例)json形式で叩いてみる
https://creator.zoho.com/api/json/testapp/view/testForm01_Report?authtoken=【APIキー】&zc_ownername=【オーナー名】&scope=creatorapi
キャプチャ.PNG

上手くとれたかな。。


※1 レポートリンク名は以下で確認&変更可能。
  ドキュメントには「Viewのリンク名を指定しろ」と書いてますが、View=レポートらしい。
  紛らわしいなあ…
  無題.png

※2 アプリケーションのオーナー名とは、どうやらコレらしい
キャプチャ111111.PNG

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away