Edited at

[Mac] HomebrewとVSCodeで快適LaTeX環境構築 (2019)


はじめに

この記事では,HomebrewとVSCodeでLaTeXの環境構築を行います.

この手順を踏むことによって,最終的にVSCodeを使ってLaTeXファイルを自動コンパイルすることができます.

この環境が一番快適かつシンプルで、構築も楽だと思っています.

Mac向けのLaTeXディストリビューションはMacTeXが有名ですが,GUIアプリ(恐らく使わない)などが入っているため容量が3.9GB程度と,かなり大きいです.

そのため,ここでは最小構成であるBasicTeXを使います.これなら容量が100MB程度と,かなりコンパクトです:thumbsup:


Install

HomebrewでBasicTeXとGhostscriptをインストールします.

brew cask install basictex

brew install ghostscript


Setup

1. BasicTeXの設定

sudo tlmgr update --self --all

sudo tlmgr paper a4
sudo tlmgr install collection-langjapanese

2. ヒラギノフォント適用

ヒラギノフォントにしたい方はどうぞ.

sudo tlmgr repository add http://contrib.texlive.info/current tlcontrib

sudo tlmgr pinning add tlcontrib '*'
sudo tlmgr install japanese-otf-nonfree japanese-otf-uptex-nonfree ptex-fontmaps-macos cjk-gs-integrate-macos
sudo cjk-gs-integrate --link-texmf --cleanup
sudo cjk-gs-integrate-macos --link-texmf
sudo mktexlsr
sudo kanji-config-updmap-sys --jis2004 hiragino-highsierra-pron

3. Latexmkのインストール

自動コンパイルしてくれるやつです.

sudo tlmgr install latexmk


VSCode

1. LaTeX Workshopをインストール

2. VSCodeのsettings.jsonに以下を追記


settings.json

{

"latex-workshop.latex.tools": [
{
"name": "latexmk",
"command": "latexmk",
"args": [
"-e",
"$latex=q/uplatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode -file-line-error %S/",
"-e",
"$bibtex=q/upbibtex %O %B/",
"-e",
"$biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/",
"-e",
"$makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/",
"-e",
"$dvipdf=q/dvipdfmx %O -o %D %S/",
"-norc",
"-pdfdvi",
"%DOC%"
]
}
]
}


LaTeXのテスト

1. LaTeXが使えることを確かめるために,以下のファイルを作成してください.


test.tex

\documentclass[a4j,11pt,uplatex]{jsarticle}

\begin{document}

吾輩は猫である。名前はまだ無い。

どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所で
ニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
吾輩はここで始めて人間というものを見た。

\end{document}


2. このファイルを保存すると自動コンパイルされ,同ディレクトリにPDFファイルが生成されているはずです.

3. 良きTeXライフを:thumbsup:


参考リンク