Edited at

個人的によく使うLinuxコマンドメモ


プログラムの実行結果のログを保存

# 標準出力をリダイレクトで保存(リダイレクトはデフォルトで1が設定)

$ ./program > program.log
$ ./program 1> program.log

# 標準出力と標準エラーを分けて保存
$ ./program 1> program.log 2> program_err.log

# 標準出力と標準エラーを両方とも保存
$ ./program > program.log 2>&1


ssh接続等でログアウトしてもコマンドをバックグラウンドで実行し続ける

# バックグラウンドで実行しログ(標準出力)を保存

$ nohup ./program > program.log &

# バックグラウンドで実行しログ(標準出力と標準エラー)を分けて保存
$ nohup ./program 1> program.log 2> program_err.log &


実行中のプログラムのログを表示

# ログを出力

$ tail program.log

# ログをリアルタイムで出力
$ tail -f -n 10 program.log
$ tailf program.log

# 監視モードで起動( Ctrl+Cで普通のlessに戻り、qで終了 )
$ less +F program.log


テキストの先頭から任意のサイズで切り取る

$ head -c 1024 a.txt > a1024.txt

# 環境によっては使えないかも
$ head -c 1k a.txt > a1k.txt
$ haad -c 1m a.txt > a1m.txt


実行中のプロセスの検索

$ ps aux | grep 検索したい文字列