Edited at

LineBot(MessageApi)を試してみる-heroku版

More than 1 year has passed since last update.


line botの会



今回の流れ


  • 基本的な準備

  • かんたんな返答Botを動かしてみる〜Heroku


  • かんたんな返答Botを動かしてみる〜Lambda


    • レンタルIAMユーザ作るの諦めました





基本的な準備


  • ① LINE Business Centerに登録する

  • ② Botアカウント登録

  • ③ Bot設定

  • ④ トークンゲット!



① LINE Business Centerに登録する

「Developer Trialを始める」を選択

https://business.line.me/ja/services/bot

※通常のlineアカウントが必要です


会社/事業者情報

個人名は本名じゃなくてもいいです

※個人名にしたらBotと友達登録するときの認証に表示されるので注意!



② Botアカウント登録

LINE Business Centerの「アカウント一覧」ポチッ

サービスは「Messaging API」を選択

アカウント名と業種を選択して登録!

※業種は「個人」「個人(架空)」がベターです!



③ Bot設定

登録完了画面->「LINE@MANAGER」

「Bot設定」->「APIを利用する」

Bot設定項目を設定

- Webhook送信 => 利用する

- 自動応答メッセージ => しない

- 友だち追加時あいさつ => しない



④ トークンゲット!

「Bot設定」->「LINE Developersで設定する」

以下の情報をメモ

- Channel Secret

- Channel Access Token(ISSUEを押すと生成)

Webhook URLあとで登録するのでいったんおわり!



かんたんな返答Botを動かしてみる〜heroku


  • ① アカウントの準備

  • ② 環境準備

  • ③ デプロイ準備

  • ④ デプロイ!!



① Herokuアカウントの準備

「Sign up」から登録する

https://www.heroku.com/

※Primary Development Languageは好きなのでOKです



② Heroku環境準備

Heroku CLIをインストール

brew install heroku

ログイン(email&passを入力してください)

heroku login

鍵が登録されなかった人

heroku keys:add



③ デプロイ準備①

まずはHerokuでアプリ作成

(APPNAMEは任意、未入力だと自動)

heroku create APPNAME

Herokuの環境変数にトークン追加

heroku config:set LineMessageAPIChannelAccessToken={ChannelAccessToken} --app APPNAME

heroku config:set LineMessageAPIChannelSecret={ChannelSecret} --app APPNAME



③ デプロイ準備②

git clone

今回は簡単なコードを用意したので任意の場所にgit cloneしてください

git clone git@github.com:skycat-me/test-linebot.git

Herokuをリモートに追加

git remote add heroku git@heroku.com:APPNAME.git



④ デプロイ!!

デプロイ(push)

git push heroku master

Webhook urlをゲット

heroku open

LINE DevelopersでWebhook urlを設定する。

作ったBotに話しかけて返ってきたら成功!

※社内でやったやつを公開