Help us understand the problem. What is going on with this article?

Audioタグで効果音を鳴らすシンプルな方法

More than 3 years have passed since last update.

DEMO

追加しました
http://codepen.io/skwbr/full/RPgYbE/
http://codepen.io/skwbr/pen/RPgYbE

概要

例えば 'btn' というidの<a>タグのクリックで効果音を鳴らしたいとき。

HTML
<a id="btn">クリック</a>
こんな感じでaudioをbody末尾にでも書いておく
<audio id="btnsound" preload="auto">
<source src="sound/btnsound.mp3" type="audio/mp3">
</audio>
JS側ではこんな感じ(jQuery)
var se = $('#btnsound');
$('').on(_event, function(){
  se[0].currentTime = 0;
  se[0].play();
});

備考

  • currentTime = 0; を入れることで連打してもちゃんと鳴ります。
  • <audio preload="auto">とすることで、音源がプリロードされます。

プラグイン化

イベントと音源を引数にjQueryプラグイン化してみると場合によっては便利かもしれません。

jQueryプラグイン側
(function (window, $) {
  'use strict';

  $.fn.useSound = function (_event, _id) {
    var se = $(_id);
    this.on(_event, function(){
      se[0].currentTime = 0;
      se[0].play();
    });
    return this;
  };

})(this, this.jQuery);
用法
$('#btn').useSound('mousedown touchstart', '#btnsound');

追記1

  • 2015/6/12:Tweetしていただいてアクセスが増えたのでコードのリファクタリング兼ねてcodepenのDEMOを追加しました。

追記2

  • iOSやAndroidなどモバイル端末では、preload="auto"を指定していてもプリロードが効かない使用になっています(ユーザの意図や能動性に関わらずデータを読み込ませるための通信を発生させるべきでない、という思想?)。
  • clickなど、音源のトリガーとなるユーザ操作が発生して初めてロードが開始されるので、音源のファイルサイズによっては遅延する点に注意が必要です。
skwbr
Director / Designer
1pac
「デジタル・インタラクティブ領域」に強みをもち、クライアントの課題解決のための仕組みづくりをサポートするクリエイティブプロダクションです
https://1pac.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした