zabbix
chatwork

Zabbixのアラートをチャットワークで通知する

More than 1 year has passed since last update.

Zabbixサーバにスクリプトを配置してアラートをチャットワークで通知する設定です。

スクリプトの配置

通常は/usr/lib/zabbix/alertscripts以下に配置すると思いますが念のため確認します。

/etc/zabbix/zabbix_server.conf
AlertScriptsPath=/usr/lib/zabbix/alertscripts
#!/bin/sh

TOKEN="CHATWORK_TOKEN"
ENDPOINT="https://api.chatwork.com/v1/rooms/${1}/messages"
SUBJECT=${2}
MESSAGE=${3}

/usr/bin/curl -X POST -H "X-ChatWorkToken: ${TOKEN}" -d "body=[info][title]${SUBJECT}[/title]${MESSAGE}[/info]" ${ENDPOINT}

作成したスクリプトに実行権限付けるのを忘れずに。

メディアタイプの作成

Zabbixの「管理」->「メディアタイプ」を選択し、メディアタイプの作成から作成します。
[タイプ]と[スクリプトパラメータ]を下記のように設定します。特に、[スクリプトパラメータ]を設定するようになったようですので忘れずに。

スクリーンショット 2016-04-05 13.49.42.png

ユーザ設定

任意の管理者ユーザにメディアの設定を追加します。「管理」->「ユーザ」から任意の管理者を選択します。
『メディア』タブを選択し、追加を押すと設定画面が開きます。タイプと送信先以外は状況に合わせて設定します。

  • タイプ:(作成したメディアタイプ名)
  • 送信先:通知に使いたいchatworkの部屋ID

スクリーンショット 2016-04-05 13.54.10.png

アクションの設定

「設定」->「アクション」で[イベントソース:トリガー]を表示します。デフォルトでReport problems to Zabbix administratorsが設定されていると思いますので、これを選択します。
ここで設定した件名、メッセージで通知が届きます。
リカバリメッセージは、障害から復旧した際のメッセージです。

スクリーンショット 2016-04-05 14.01.08.png

参考