Help us understand the problem. What is going on with this article?

本を色々な形の本棚に詰め込む

本を色々な形の本棚に詰め込む

本を色々な形の本棚に詰め込む方法をご紹介します。
こんな感じになります。
PackingBooks.jpg
プロセスはこんな感じ。
Pack2.gif

大事な機能はUVlayoutノードのIslands from Second InputとDOPシュミレーションです。
Dop_Gravity_03.JPG

まずはIslands from Second Inputについて。
形状は平面である必要はありますが、Second Inputで差した形状をレイアウトする形状に指定できます。
プリミティブが離れてバラバラになっていても、指定できます。
UVlayoutNode.jpg

これがこのように本を本棚に詰めるキーノードです。

PackingBooks_Gravity.JPG
詳しくは我らがEntagmaさんが丁寧に解説されているので、こちらから
なんとHipファイルもダウンロードできます。

ただこのノード、UVをレイアウトするノードです。
なのでこのままでは本と本が接しておらず、隙間が空いていたり
重心が偏っているのに倒れていない、宙に浮いているなど本の配置として不十分です。
PackingBooks_Gravity_Explanation.jpg

そこで本棚をコリジョンとして使い、DOPシュミレーションで本の配置に重力を足してあげます。
Dop_Gravity_02.JPG

bookshelves_gravity.gif

こうすることで、よりいい感じの自然な本の配置になります。

と、かなりざっくり書いてきましたが、ここから文章でみなさんに全てをしっかり解りやすく解説する自信がない・・・。
やはり、Houdiniなのでノードを実際にみてもらった方が一番理解がしやすいはず!!!
という事で、HoudiniBLUEPRINTSという便利なウェブサイトがあるのでそちらにhipをアップしました。
ウェブサイト運営者の方、ありがとうございます。

こちらから

こんな感じでウェブ上でHoudiniのデータを確認できます。
Hipファイルもダウンロードできます。
HoudiniBlueprints.jpg
これを作成したのがHoudini17.0の時ですので、今は標準ノードも色々改良されてよりスマートな方法が簡単に出来ると思いますがそこは目をつぶって頂ければ・・。
あとウェブサイトの仕様で、日本語があるとデータが上がらないのと、ノード数は100個以下に収める必要がありました。
なので日本語の説明文と本棚のバリエーションが無いのと、本の形状がただのボックスになりました・・・。
すみません・・・。

皆さんも、色々な形の本棚にぎゅうぎゅうに本を詰めてみてください。
それでは少し早いですが、楽しいクリスマスと良いお年を。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした