docker
GitBucket

DockerHub に GitBucket イメージを登録してみました

More than 1 year has passed since last update.

1. はじめに

GitHubクローンを探していて見つけたのが GitBucket でした。

GitBucket は Naoki Takezoe さんが作成した和製の GitHub クローンです。

管理者にとってありがたい、

  • インストールと起動が簡単なこと(配置したjavaのwarファイルを起動するだけ!)
  • データ領域が一つのフォルダーにまとまっていること(デフォルトでサービスを起動したユーザの~/.gitbucket)

という特徴を持っており、 Dockerでデータの永続化をする際にも非常に相性が良いように思いす。

2. DockerHub Registry の URL

https://registry.hub.docker.com/u/sken/gitbucket/

Dockerfile を読むと構成の単純さが良くわかります。

3. docker run

たった2行でGitHubクローンをサービスできます。

$ sudo mkdir -p /opt/data/gitbucket
$ sudo docker run -d -p 8080:8080 -v /opt/data/gitbucket:/gitbucket sken/gitbucket

なお、データはホストOS上の /opt/data/gitbukcet に格納されます。

$ ls -al /opt/data/gitbucket
合計 64
drwxr-xr-x 3 root root  4096  2月  6 18:46 .
drwxr-xr-x 3 root root  4096  2月  6 18:43 ..
-rw-r--r-- 1 root root 45056  2月  6 18:47 data.mv.db
-rw-r--r-- 1 root root  3820  2月  6 18:46 data.trace.db
drwxr-xr-x 3 root root  4096  2月  6 18:46 tmp
-rw-r--r-- 1 root root     3  2月  6 18:46 version

2015/10/22追記

gitbucket のアップデート方法

データはホストOS上に格納されていますので、例えば、コンテナとイメージを削除した後に改めてコンテナを作成すればOK1です。

$ sudo docker stop gitbucketのコンテナID
$ sudo docker rm gitbucketのコンテナID
$ sudo docker rmi gitbucketのイメージID
$ sudo docker run -d -p 8080:8080 -v /opt/data/gitbucket:/gitbucket sken/gitbucket

  1. docker1.3.2にて、上記手順でgitbucketを3.0から3.7にアップデートできることを確認済み。