MESH + IFTTT + Slackで差入れボックスを作成する

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント

この記事でやったこと

MESHタグをトリガーに、IFTTTを使ってSlackへメッセージ送信できるような機能を作成しました。
具体的には、会社の共有スペースにあるお菓子BOX(差入れBOX)をカスタマイズして、
差入れを通したコミュニケーションツールに進化させてみました。

まずは、前提知識を入れときましょう。

MESH、IFTTT、Slackについて

:beginner:MESHとは

ソニーから発売されている、ブロック状の電子タグ。(= MESHタグ)
様々な機能を持ったブロック状の電子タグを、アプリ上でつなげることで、自分だけの機能を作り出すことができます。
image
image

実際に作成したレシピはこんな感じ。
ここでは、動きタグとボタンタグを使用して、特定のタイミングでGmailへのメール送信を行っています。
image

また、今回はMESH SDK(Software Development Kit)を使用してオリジナルタグも作成しています。
※MESH SDK(Software Development Kit)では、JavaScriptベースでレシピ内の処理の分岐条件の追加やAjaxの追加が可能です。

詳細は以下のリンクより
:computer:公式サイト

:beginner:IFTTTとは

IFTTT(イフト)とは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである。(出典:wikipeiaより)

IFTTTはその名の通り、If This Then That
という感じで、「もし、これをしたら、あれをする」 というイメージで異なるWEBサービス同士を自動的に連携させるレシピを作成して使います。
実際に作れるレシピはこんな感じ。
もしMESHで○○をしたら、Slack(Google Drive)で××をする。
image

まだ使用したことない方には、この辺が参考になりそうです。
:computer:作りながら覚える「IFTTT」レシピの使い方活用講座!

:beginner:Slackとは

チャット形式で行えるコミュニケーションツール。
image

実際の画面はこんな感じ!(Windows版のアプリです。)
作成したチーム内で会話をすることができます。
image

SkypeやLINEと似ている部分もありますが、

  • チームを作成して使う
  • トピックごとにチャンネルを作成して会話ができる
  • 画像やPDFなどのファイル、コード、共同編集できるドキュメント、Google driveのファイルの共有ができる
  • 様々な外部サービスとの連携が可能

というような、様々な機能があります。
ちなみに私は無料版を使って、勉強会の内容共有、開発者との細かいやり取りや、チーム内のToDo管理等などに使用してます。
どんどん新しい機能も追加されていて、無料版でも十分使えますね。

まだ使ったことがない方は、この辺参考になりそうです。
:computer:Slackの使い方①:登録から基本説明までまるっと紹介

差入れBOXのレシピに挑戦

このツールのイメージ

image

レシピの詳細と使用したタグ

今回は、
BOXが明けられたことを探知するために「明るさタグ」
差入れを受け取った人がリアクションするための「ボタンタグ」
特に必要性はないけど、ボタンを押した人が楽しむための「明るさタグ」
の3つのタグを使用しました。

image

差入れボックスのふたに張り付けた紙です。
これで、皆さんにボタンをポチポチしてもらいます。
image

そして作成したレシピはこんな感じ。
image

「明るさタグ」で、ふたが開いたのを検知して、Slackにメッセージを送信します。
メッセージの送信は、IFTTT(もし、MESHから信号が来たら、Slackへメッセージを送信する)を使用しています。
ボタンタグについても流れは一緒。
このレシピでは、ついでにGoogle Drive(スプレッドシート)ともIFTTTを使用して連携していて、箱が開いたり、ボタンを押してもらった回数と時間を記録してみました。

ただし、「ボタンタグ」の長押しではIFTTTではなく、MESH SDKを使用してslackへメッセージを送信しています。
MESH SDKではSlackのWEB APIを利用して、箱の空いた回数や、ボタンの押された回数の集計値をメッセージに含めて送信させています。

MESH SDKを使用してみる

MESH SDK⇒Slack

SDKでカスタムタグを作る画面はこんな感じ。
image

Codeの部分はこんな感じで作成しています。
知識ゼロなので、ぐっちゃぐちゃですが、

  • 変数の初期化
  • 箱のOPENやボタン押下回数のカウント
  • Ajaxを用いて、Slackへメッセージを投げる

などを行っています。
(何となくで見ていただければ...)
いろんな方の投稿でAPI使って~とかはありましたが、
パラメータの値を保持して、メッセージなどで送信する。というのをやっていた方はほとんどいなかったので、何か参考になればと思います。

Initialize
return {
     // 変数を定義し初期化
    runtimeValues : { outputIndex : -1 
                                ,openCount : properties.openCount
                                ,count : properties.doublePush
                                ,sPushCount : properties.singlePush
                                ,messageText : ""}
}
Receive
runtimeValues.outputIndex = index;
switch ( index ){
  case 0:
        runtimeValues.openCount++;
        break;
  case 1:
        runtimeValues.sPushCount++;
        break;
  case 2:
        runtimeValues.count++;
        break;
  case 3:
        var msgVal = {};
        msgVal.msgtext = "\n ◆箱が空いた回数:" + runtimeValues.openCount + "\n"
                                    + " ◆ありがとうの回数:" + runtimeValues.sPushCount + "\n"
                                    + " ◆「美味しい」いただいた回数:" 
                                    + runtimeValues.count; 
        runtimeValues.messageText = msgVal.msgtext;
        runtimeValues.openCount = 0;
        runtimeValues.sPushCount = 0;
        runtimeValues.count = 0;
        break;
}
    return {
        runtimeValues : runtimeValues,
        resultType : "continue"       //処理を継続
    };

Execute
properties.openCount = runtimeValues.openCount;
properties.singlePush = runtimeValues.sPushCount;
properties.doublePush = runtimeValues.count;

if ( runtimeValues.outputIndex == 3 ) {
    //slackWebAPI
    var apiURL = 'https://slack.com/api/chat.postMessage';
    //APIを叩く際のパラメータ
    //プロパティの値を渡す
    var data = {
            token : 'xxxxxx', //取得したトークン
            channel : '#general', //どのチャンネルに
            username : 'name', //送信するユーザー
            text : '差し入れなくなりました!!' + runtimeValues.messageText
    };

    ajax({
            url : apiURL,
            data : data,
            type : "GET",
            timeout : 5000,
            success : function ( data ) {
                log("OK:" + runtimeValues.messageText);
            }
        });
}

return {
    runtimeValues : runtimeValues,
    resultType : "continue"       //処理を継続
};
Result
return {
     // 変数を定義し初期化
    runtimeValues : { outputIndex : -1 
                                ,openCount : properties.openCount
                                ,count : properties.doublePush
                                ,sPushCount : properties.singlePush
                                ,messageText : ""}
}

:star:レシピ結果

image

だいたいレシピ通りの結果を得ることができました。
左のメッセージはIFTTTを使って送信しているので、送信者がIFTTTさんですが、中央のメッセージは、Slack APIを使用しているので、指定したユーザーから送信された感じになっています。

まとめ

今回作成した「差入れBOX」では、

  • MESH
  • MESH SDK
  • IFTTT
  • Slack API

を使用しました。
この記事から、色々なWEBサービスが気軽に利用・連携できることを感じていただけるかと思います。
今回使用した以外にも、たくさんのIoTプラットホームがあるので、遊びがてらもっといろいろ試してみたいです^^