スマートスピーカーIFTTT 大喜利 アドベントカレンダー1日目です。

初日に向けてすごいポエムを書こうとしたのですが出てこず、ウォームアップ代わりに、IFTTTの音声アシスタント対応状況について調べたのを書きます。

IFTTT対応パートナー一覧と、音声アシスタントへの対応状況

現在、IFTTT 対応パートナーは360以上あるそうです。
https://ifttt.com/search/services

その中で「Voice Assistants」のパートナーは4。


パートナー数はたった4ですが、中身は激アツです。主にAlexa対応のアプレットのせいで。

名前 説明 アプレット数 日本語対応状況
Amazon Alexa Amazon Echoが搭載しているAIアシスタント 230個以上 ×
Google Assistant Google Homeが搭載しているAIアシスタント 49個
Invoxia Triby Amazon AlexaとApple HomeKitに対応したスマートスピーカー 18個 ×
jibo パーソナルロボット。 12個 ×

Amazon Alexa対応アプレットがダントツに多いです。
内訳をみてるとなんか似たようなものが多いですがそこはスルーします。

なお日本語対応してるかどうかは、実際に「IF」でこれらのサービスを選んだ時に「Language」の選択肢で「Japanese」が選べるかどうか?をみております。
Amazon Alexa自体は最近になって(11/8)日本語対応しましたが、11/30時点でIFTTTでの日本語対応はまだの状態です。

Invoxia Triby
https://robotstart.info/2017/10/18/invoxia-triby-smart-portable-speaker.html
jibo
https://www.jibo.com/
この二つはぜんぜんシリませんでした。手に入らないと思うけど、jiboはイベントスペースとかにあったら面白そう。

IFTTTの "IF"と"Then" への音声アシスタント対応状況

Amazon Alexa

"IF"にのみ対応しています。

使えるトリガーは16種類あります。
多くがショッピングリストに関するものですね。
その中で、「Say a specific phrase」というのが汎用的につかえそうです。
スクリーンショット 2017-11-30 3.17.55.png

Google Assistant

"IF"にのみ対応しています。

使えるトリガーは4種類あります。
アマゾンと違ってショップリストなどに固定化されておらず、また、話しかけた言葉の中から数字やフレーズを抜き出すことができます。
スクリーンショット 2017-11-30 3.11.44.png

気になった点(あとで調べる)

  • Amazon Alexa対応のIFTTTのアプレットを使い始めるさい、スマホのAlexa appでIFTTT?のAlexa Skillを「有効」にする必要がない。パソコンのブラウザ上で、Amazon LoginをすればOK。
  • Google Assistantも同じく、GoogleアカウントのSSOだけでOK。
  • 一体どういう仕組みなのか。。

あとで調べてみようっと。

以上です!

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.