AWS Global Acceleratorを試してみた

AWS Global Acceleratorを試してみました。


どんなもの?

リージョンにまたがって配置されたEIP, NLB, ALBに対して、Static IPに対し接続したトラフィックを分散するサービスです。


前準備

あらかじめ動作確認用に、us-east-1とus-west-1にALB+EC2(nginx)の環境を作成しておきます。


1. Acceleratorを作成する

1.png


2. Listenerを追加する

2.png


3. Endpoint Groupを追加する

3.png


4. Endpointを追加する

あらかじめ作成しておいたALBを指定します。

4.png

作成されるとStatic IPが2個払い出されます。

4-2.png


5. 接続してみる

東京に近いus-west-1の方に接続されます。

5-1.png

us-west-1の方のnginxを止めると、statusがunhealthyになり

5-2.png

502の後

5-2-1.png

しばらくすると今度はus-east-1の方に接続されます。

5-3.png

us-west-1の方のnginxを起動してしばらくすると、また東京に近いus-west-1の方に接続されます。

その状態で、今度はus-west-1のTraffic dialを1%に変更します。

5-4.png

するとus-east-1の方に接続されます。

5-5.png


雑感

Route53でトラフィックを分散するのと違いDNSのキャッシュを考慮しなくて良いのでいいですね。