Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google Colabでまた日本語表示が豆腐不可避な方に

More than 1 year has passed since last update.

1.想定する読者

  • 以下の記事を見てgoogle colabの日本語化を済ませたのに、また2019年年明けから豆腐に悩まされている皆様(筆者含む)。
  • 尚、上記記事には大変お世話になりました。助かりました。

2.結論:matplotlibがver.3以上だとfont cacheが「fontlist-v300.json」に変更

  • 上記記事にあるようにfont cacheを消しても意味がないです。
  • NG.py
    # このコマンドだと豆腐不可避
    rm /root/.cache/matplotlib/fontList.json
    
  • matplotlibのcacheに-v300と書いてある見慣れないファイル、これが本来消すべきfont cacheです。

ls.py
!ls -ll /root/.cache/matplotlib/
-rw-r--r-- 1 root root 46110 Jan 17 17:06 fontList.json
-rw-r--r-- 1 root root 29351 Jan 17 17:06 fontlist-v300.json # これが目標物です
drwxr-xr-x 2 root root  4096 Jan 17 17:06 tex.cache
  • 執筆時点(2019年1月)でgoogle colabにデフォルトでインストールされているmatplotlibのVersioonは3.0以上になっており、cacheファイルが変更になっています。
pipfreeze.py
!pip freeze
~(中略)~
matplotlib==3.0.2 # バージョンが3以上
~(中略)~

3.matplotlib ver.3以降の新たな日本語表示手順

success.py
# 日本語フォントをダウンロードする。
!apt-get -y install fonts-ipafont-gothic

# キャッシュを削除する。
# !rm /root/.cache/matplotlib/fontList.json # 旧cache
!rm /root/.cache/matplotlib/fontlist-v300.json # 消すべきcache

# ランタイムを再起動する。
  • 削除するキャッシュさえ間違わなければ解決できます。

4.before-after

  • 旧手順。相変わらず豆腐まみれです。
    qiita20190121b.PNG

  • 新手順。豆腐が解消されています。
    qiita20190121a.PNG

以上です。

siraasagi
中小企業診断士。KnowledgeGraph(ナレッジグラフ,グラフDB,グラフデータベース)。
http://yoshidaagri.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした