19
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

GAE/jでGCS Default Bucketを使う

GAEからGCSを利用する場合、Bucketを作成する必要がありますが、DefaultのBucketを作成することができます。
Default BucketはDevelopers ConsoleのApp Engine Settingのボタンから作成します。

Screen Shot 2016-03-04 at 18.13.10.png

GCS Default Bucket のメリット

アプリごとにDefaultBucketを取得できる

Bucket名はGCS全体でUniqueである必要があるため、テスト用など複数の環境がある場合、それぞれ別のBucket名を指定する必要が出てくる。
しかし、DefaultBucketを利用すれば、アプリごとにUniqueな名前を出してくれるので、そこを気にしなくてよくなります。

5GBの無料枠がある。

Blobstoreは5GBの無料枠があったのですが、GCSにはありませんでした。
しかし、DefaultBucketについては、Blobstoreと同じく5GBの無料枠が入るようになりました。
ただし、Billingは設定しないと、GCSを使うことはできません。

Default Bucket Name の名前と取得方法

DefaultBucketName は {appId}.appspot.comになります。
また、以下で取得することができます。

AppIdentityServiceFactory.getAppIdentityService().getDefaultGcsBucketName()

Default Bucketも他のBucketと同じようにCloud Consoleで見ることができます。
ACLの設定なども他のBucketと同様に行なうことができます。

上記で取得できる以外は、他のBucketと特に違いはないようです。

Bucketを削除したりできるのかなんかは、怖くて試してないです!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
19
Help us understand the problem. What are the problem?