Google Cloud Storageで適当にファイルを公開する方法

More than 1 year has passed since last update.

Web Siteにのせるアイコンの画像なんかを適当にGoogle Cloud Storage (以下GCS)で公開する方法について

料金は無料ではないので、無料が良い場合は別の方法をおすすめします。


Step 0 Google Cloud Platform Projectの作成

無料トライアル 辺りから適当にGCP Projectを作りましょう。


Step 1 Bucketを作る


  • GCP ProjectのメニューからStorageを選択

  • バケットの作成を選択


Bucket名


  • ファイル公開時のURLに含まれるので、公開されて良い名前かつDNSの命名規則に従う必要がある。

  • GCS全体でUniqueである必要がある。


Bucket Class


  • Standard を選択する


Locale


  • Asia を選択する


Step 2 Bucketの中にファイルをUploadする

ブラウザ上でUploadする or gsutilを利用してUploadする

gsutil example

gsutil cp arcanine.png gs://hoge/sinmetal.png


Step 3 ObjectのACLを変更する

一般公開をぽちっと押すと公開状態になる

gsutil example

gsutil acl ch -u AllUsers:R gs://hoge/sinmetal.png


Step 4 Cache Control Headerの調整

デフォルトでEdge Cacheにキャッシュされるようになっているので、そのExpireを調整する


Option

ファイルUpload, キャッシュヘッダーの設定, ACLの設定まで、一発でやるコマンドは以下

gsutil -h "Cache-Control: public,max-age=60" cp -a public-read arcanine.png gs://hoge/sinmetal.png