Edited at
LIFULLDay 18

自分の仕事をこっそりBotっぽくしてBotだと悟らせない3つの方法

こんにちわ。 @simeji です。

本記事は LIFULL Advent Calendar 2017 の18日目の記事です。

昨日は @hclonginxの基本設定を改めてちゃんと調べてみた でした!

みなさん、年の瀬は忙しいでしょうか。楽しいことをやっていると良いのですが、仕事がありすぎると大変なものですよね。

仕事の中でも定型のものは、

1. その作業は必要か、定期的に棚卸しする

2. 渡せるものは人に渡す

3. 自動化みたいなことをする

といったようなことをして省力化していきたいものです。

1は確実にやったほうがいいですよね。 その上で、2もいいのですが、誰かがやることになり、(育成観点を除けば)組織としての仕事の総量は変わらないので、できれば、3にしたいところです。


やっていること

本題とはズレますが、LIFULL では、Github, Chatwork, Jira などを利用しているので、これらを使ってBotっぽくしています。

大雑把に表すと以下のように連携しています



※画像引用1


Botだと悟らせない3つの方法

それでは、余談は終わりまして、以下、タイトルで「自分の仕事をこっそりBotっぽくしてBotだと悟らせない3つの方法」です。

Botだと悟らせないことにどれだけ意味があるかは、正直良くわかっていませんが、人は温かいものです。

※ その手の話に詳しい方には釈迦に説法のような話だと思います。


1. 発言パターンを一定ではなくする

発言に特定のパターンを用意しましょう。

たとえば、前述のものにおいて、上記メールアドレスの設定漏れに対する回答も幾つかパターンがあります。


  • ◯◯ はどうやらメールアドレスの設定がされてないみたいですので確認ください

  • ◯◯ 、メールアドレスの設定がされてないのでご確認ください

  • ◯◯ はメールアドレスを設定後再度ご連絡ください

  • ◯◯ はメールアドレス設定がされていないようです

  • ◯◯ についてメールアドレス設定をしてください

  • ◯◯ はメールアドレスの設定がされていません

これで悟られません。


2. 労働時間を決める

24時間働いていると、まさにBotです。

効率は置いておいて、労働時間を決めましょう。

前述のものは、私のPCが起動している時間のみ仕事をしています。

これで悟られません。


3. 怪しまれても認めない

最後に、ここはテクニック的な部分なんですが、100人いたら、95人くらいはBotだと思いこんで、挙動を探ろうとしたり、 「Botなんですよね?」 や、当然のように Bot前提 で、話をしてくることになります。

その時は焦らずに、 そうではない ということを主張しましょう。

これで悟られません。

※ ただし、本気で聞かれたらこっそり答えましょう。(信用の問題)

おそらくこれからだんだんと、人とBotの垣根もなくなってくると思うので、そのようなことを気にしなくても大丈夫でしょう。

また、本件以外の、仕事でのミスなどは素直に認めましょう。その上で次に活かしましょう。


さいごに

Botだと悟らせない事自体には、あまり意味がないのでオススメはしません。

また、私が作っていたのはBotではありませんが、LIFULLには、Botなども作りつつ、楽しく仕事しているメンバー もたくさんいます。

明日もLIFULLアドベントカレンダーをよろしくお願いします!

LIFULLアドベントカレンダーその2もあります!