Rails
pry

Rails で Pry を使う

More than 1 year has passed since last update.

概要

  • pry-rails と pry-bybug をインストールすると...
    • Rails console で Pry が使える
    • binding.pry で処理を止めてステップ実行ができるようになる。
  • 今回は pry-doc も入れてみた

環境

  • Rails 4.2.2

方法

Gemfile に次の Gem を追加:

Gemfile
group :development, :test do
  gem 'pry-rails'
  gem 'pry-byebug'
  gem 'pry-doc'
end

そして bundle install して Gem をインストール:

$ bundle install

これで、以下のことができるようになる。

各 Gem の概説

pry-rails

pry-rails を入れると...

  • Rails console で Pry が起動するようになる
    • pry-rails を入れるまでは irb が起動する
  • show-routes などのコマンドが Rails console で使えるようになる
    • Rails console で help と打つと、使えるコマンドがわかる
  • binding.pry をソースコード中に挟むとそこがブレークポイントとなり、そこで処理を止めてデバッグできるようになる
    • pry-rails だけではステップ実行はできない

pry-byebug

pry-byebug を入れると...

  • binding.pry で止めたところからステップ実行ができる
    • 例えば next コマンドで一行ずつ実行できる
    • こちらも詳細は Rails console の help などを参照

pry-doc

pry-doc を入れると...

  • show-method コマンドで C で書かれたコードやドキュメントも出力できるようになる
    • show-method は Pry のコマンドで通常は Ruby で書かれたコードやドキュメントのみ出力できる

参考

パーフェクト Ruby on Rails