Edited at

コアサーバーの「転送先URL」の注意点『節子、それ301リダイレクトやない…302や!』

More than 3 years have passed since last update.

コアサーバーで独自ドメイン運用とURL正規化

サーバーを「コアサーバー(CORESERVER.JP)」に移転しました。

引き続き、独自ドメイン運用したかったので、公式ユーザーガイドを参考に、[ドメインウェブ]の設定をおこないました。

「ドメイン名」と「転送先URL」を入力

「ドメイン名」を入力することで、同名のディレクトリが作成され、そのURLを叩いてのアクセスが可能になります。

「転送先URL」を設定することで、wwwあり・なしのURL正規化も可能(※)なので、「ドメイン名」に正規化前のURL、「転送先URL」に正規化後のURLを設定しました(今回はwwwありでURLを統一)。

公式ユーザーガイド「【設定例2】www付きドメインを設定する」参照

[ドメインウェブ]の設定後、リダイレクトチェックツールでwwwなしURLを入力して、リダイレクト動作を確認したところ…

「節子、それ301リダイレクトやない…302や!」

302リダイレクトされていると表示されました。

Googleは、URL正規化には「301リダイレクトをおこなう」と紹介していますので、302リダイレクトをおこなうより301リダイレクトをおこなった方が、SEO的に無難でしょう。

※なお、301リダイレクトも302リダイレクトも、「対象のURLにアクセスすると指定のURLに自動遷移させる」という動作そのものは同じですが、301は恒久的なサイト移転、302は一時的なサイト移転の意味を持ちます。

結局.htaccessファイルで301リダイレクト

というわけで、コアサーバーの[ドメインウェブ]での転送はおこなわず、wwwなしディレクトリの作成のみをおこなうことにします。

転送については、wwwなしディレクトリ内に.htaccessファイルを設置することで301リダイレクトをおこないます。

wwwなしドメインの「転送先URL」は空に変更

wwwなしドメインの「転送先URL」は空に変更

.htaccessファイル

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^sig-lab.info

RewriteRule ^(.*)$ http://www.sig-lab.info/$1 [R=301,L]

RewriteEngine on

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^./index.html

RewriteRule ^(.
)index.html$ http://www.sig-lab.info/$1 [R=301,L]

2つめの/index.htmlのリダイレクト設定も書いておくことにより、/index.htmlあり・なしのURL正規化もおこなえます(今回はindex.htmlなしで統一)。

これで、

http://www.sig-lab.info/index.html

http://sig-lab.info/index.html

http://sig-lab.info

いずれのURLでアクセスしても、

http://www.sig-lab.info

に301リダイレクトされるようになりました。